« タコメータケーブルの劣化と、ガソリンコックの故障 | トップページ | シートベルトの取り付け »

タコメーターケーブルの交換

 ここの所、天気が不安定で嫌ですねぇ。久しぶりに少し晴れた
ので、やっと新しいケーブルの取り付けができました。

20080831_tachcable タコメータケーブルケーブル
 2J2-83560-01
Oリング
 93210-14579
 
 
 Oリングですが、こちらで検索すると「93210-14104」と出るん
ですが、ネットで色々見てみると、14104は14579に統合された
ような感じ?でした。機種コードは26H(なんだろう?)

 Oリングをタコメータケーブルにはめ込み、エンジン側に
差し込む。接合部分にはモリブデングリスを塗っておきました。
ワイヤーにはグリスが塗布済みだったのでそのままです。

 タコメータ側もつなげて、エンジン始動。無事タコメータが
動作したので修理は完了。

 このまま近所を散歩でも、と思ったら、暖機中にエンジンの
回転が見る見る下がっていき、エンスト。なんかやったか?と
思ってタコメータケーブルを外しても変わらず。

 もしやとおもって、燃料コックをPRIにすると大丈夫。ONとRES
だと現象再発。どうやらまともに燃料が流れてくれていないよう
です。こっちも早く何とかしなきゃな…。

|

« タコメータケーブルの劣化と、ガソリンコックの故障 | トップページ | シートベルトの取り付け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183896/42342633

この記事へのトラックバック一覧です: タコメーターケーブルの交換:

« タコメータケーブルの劣化と、ガソリンコックの故障 | トップページ | シートベルトの取り付け »