« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

AMSフジイさんにお邪魔する

 500にする方向で、もう一軒、気になっていたお店があった。
それがAMSフジイさん。HPを見ると、メインはBMWっぽいの
だが、SR500のクランク加工の記事があるのだ。

 400に500クランクをバランス取りの上組み込んで貰えるか、
メールで問い合わせたところ、「組み込みはOKだが、先にキャブ
をFCRに替えて見てはどうか?」という回答。

 AMSフジイさんはFCRセッティングチューンでも定評がある。
そちらもだいぶ興味があったので、とりあえず一度お邪魔してお話
を伺ってみる事にした。

 結果として、先にキャブをFCRに交換し、3万キロ程走った頃
にオーバーホールを兼ねて500クランクにしてみては、という線
に落ち着いた。

 色々お話して(4時間も居座ってしまった!)AMSフジイさん
のチューニングコンセプトは「乗り易く、長く乗る」であると理解
した。エアクリBOXがデフォな事からもうなずける。

 費用は恐らく、他のお店に比べると若干割高だとおもう。だが、
そう言う考え方はとても共感できたので、このお店に任せても良い
のではないか、と思った。

追記
 FCR取り付け作業を依頼しました

追記 2011/04/13
 AMSフジイさんに依頼しようと思われる方は、こちらもご一読を。



| | コメント (4) | トラックバック (0)

SR カムチェーンテンショナー調整

 5速/5500回転位で頭打ち感があり、キャブのMJを換えたり
エアフィルターを掃除したり、マフラーを純正に戻したり、最終的に
給排気を全て純正に戻しても好転せず。

 あと出来そうな事はカムチェーンテンショナーの調整と、バルブ
クリアランスの調整くらいか、って事で、とりあえず簡単な前者を
調整。(前回やったのはいつだったっけな…)

090422_cct_a 27mmのソケットレンチで蓋を取る。

結構へこんでました。

まずは回り止めナットを22mmのレンチで緩めて

090422_cct_b 10mmのレンチで、中央のロッドとツライチになる様
調整。

合せたら、10mmのレンチで動かないように固定し、
22mmのレンチで回り止めナットを締める。
蓋を付けて終了。

 さて結果ですが、5500回転の頭打ち感が消え、6000回転
以上回るようになりました。かなり調子が戻った模様。

 給排気のタイミングがずれていて、パワーが出ていなかったと
言う事なんでしょうか? 何はともあれ良かった良かった。

 近いうちに、バルブクリアランスの調整もしてみようと思います。

おまけ

 カムチェーンテンショナーのロッドの頭はマイナスネジの様に
なっています。これをマイナスドライバーで固定しながら調整す
る記述を良く見かけますが、以前から疑問でした。

 パーツリスト見てもネジ山は描かれていませんし、どう考えても
ネジ山があるとおかしいと思っていたので。

090422_cct_parts と言うことで外してみた。
ロッドにネジ山はありませんでした。
はースッキリしたw
 
 
ついでに断面図を描いてみた。こんな感じ。
 
 
 それにしても、何で頭にマイナス溝が切ってあるんでしょう?
わざわざ切っているからには何か意味がありそうですが…。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

DAYTONA エアロバイザー(32202)

090301_ab_1oc品番:32202 7140円(税込)
 
 

 
 
 
 

 私が購入したのは今から2年ほど前なんですが、このタイプは
どうも廃盤になったっぽいです。

 なお後継品は、バイザー(67572)とステー(29881)が別売りで、
合計8160円(税込)と若干の値上げ。
バイザーにはクリアー(67573)も追加された模様。

 長い事放置してたのを、風除け効果を期待して、昨年11月に
取り付け。結果は、殆ど効果なし。ハンドルをセパハンに変えた
りして、前傾姿勢になれば、もしかしたら効果があるかも?

 どちらかと言うと、機能部品と言うよりは装飾品と言う感じです。
あまり自分の好みではなかったので、結局取り外しました。


090301_ab_stayステーは、ヘッドライトとステーの間にはさむ形で取り付け。
 
ノーマルのヘッドライト・ステーを基準に作られているので、
その辺りをカスタムされている場合(特にライト交換)は
取付不可の可能性アリ。
 

090301_ab_fsサイドとフロントから。
 
 

 
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アイアンロック ブレーキレバーロック

アイアンロック:IRON-ROCK/ブレーキレバーロック
アイアンロック:IRON-ROCK/ブレーキレバーロック

定価3150円


 以前、グリップロックという製品を紹介しましたが、価格が若干高いのと、
ちょっと大きいかなぁと思っていました。
で、ソレよりは安価で、小さそうだったこちらを購入してみました。

090411_ironrock 左上:こんな感じ。レバー押さえには一応ゴムパッドが付いてます。
右上:ハンドルにセットして…
左下:ブレーキレバーをぎゅっと握ってはめ込み…
右下:レバー押さえをグッと押し込んでロック。
 
 


 と、このような感じで使います。ちなみに、グリップとレバー押さえの
間の黒い部品は、鍵がどの状態でもフリーです。つまり、完全にロック
するには、画像右下の状態まで押し込まないとダメです。

 ブレーキレバーをこの状態まで持っていくのは結構力が必要で、これを
使用している間は、ブレーキにかなりの力が掛かる事になります。

 ディスクブレーキなら、キャリパシールやマスターシリンダーが弱って
いた場合、フルードダダ漏れなんて事になっているかもしれません。
ドラムでも、ワイヤーに強い負荷が掛かって伸びるか、最悪切れるかも。
(まぁ、走っている時にそうなるよりは全然良いですが)

 また、レバーを握ったときに、グリップとのクリアランスがこの製品の
黒い部分の幅より広い場合は、この製品は使用不可です。
(百モタはいけましたが、SRは厳しそうな感じでした)

 値段も値段だし、コンパクトにする為にこうなってしまったのだと思い
ますが、どちらかを選ぶならば、グリップロックの方をお勧めします。

追記
 どうにも使いづらいので、使用をやめました。
代わりに「ミツバサンコーワ VISE GUARD」を購入しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

百モタ ミラー交換とキャブ調整、スロットルスライダー取付

4月11日

 先日の強風による転倒で破損した、ミラーを交換。壊れたのは右だけ
だけど、折角なので左右とも「ナポレオン ラジカルミラー」に変更。

090411_nap_radmir こんな感じ。
純正と形はほとんど変わらないので違和感無し。
というか交換したのかどうかも判らないw
ミラー自体は一回り小さくなりましたが、特に
問題ナシ。
 

 次に、キャブのメインジェットの交換。CRF純正はMJ#98が
標準で、パーツリストには#92がオプション?で登録されている。
パーツリストでの部品番号は

 # 92  99101-393-0920
 # 98  99101-GHB-0980

で、どうも末尾4桁のうち上3桁がMJ番号らしい。というわけで、
試しに#90から#105をWebikeで発注。結果、

 # 90  99101-GHB-0900
 # 92  99101-GHB-0920(393はGHBに変更されているようです)
 # 95  99101-GHB-0950
 #100  99101-GHB-1000
 #102  99101-GHB-1020
 #105  99101-GHB-1050

 というのが現状の部品番号の模様。現状の#98から大きくすれば
いいのか小さくすればいいのか不明なので、とりあえず上記を全部購入
し、今回は#105を使用。

090411_plugmj105 左:MJ交換前のプラグ。一応見てみたけど、よくわからないw
  濃いわけではなさそうですが。
右:とりあえず濃くしてみようって事で#105を取り付け。元のMJ
  を外そうと思ったらニードルジェットごと取れたw
  ニードルジェットは7mmのレンチが必要だったんですが、手持ちに
  なかったのでプライヤで無理やり締めました^^;

 これで走ってみたんですが、#98の時よりも調子が良いな感じ。
もしかして、もっと大きくても良い?それともここから下げた方がいい
のか?

 とりあえず、これは暫くこのまま様子を見る予定。

 最後に、スロットルスライダーの取り付け。この部品は…

090411_slider 左の白い樹脂部品がソレです。
(53169-KA2-000 スライダー、スロツトル)
右図の11番の部品がそれで、9番の中に入る部品。
9番で90度曲がるアクセルワイヤのガイドです。
 
 

 これがないと、スロットルワイヤが9番の部品(多分アルミ)をガリ
ガリ削ってくれます(ちょっと削れてた^^;)ので、スロットルホルダ
を流用の際は忘れずに手配しましょう。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

百モタ スポークホイール化計画

 私は、キャストホイールよりスポークホイールの方が好きなので、
百モタもスポークホイールに出来ない物かなぁと思っていました。

 CRFはスポークですけど、あれはブレーキが前後ドラムなので、
出来れば前後ディスクのままスポーク化したい。

 で、色々ネットで探して見て、こちらのHPを発見。
「XR100Tのペ~ヂ」
これは素晴らしい。これこそ求めていた姿です。

 こちらの方は、前後ともCRM50/80のホイールを流用され
ています。ただ、CRMはリアのアクスルシャフトが15mmなので、
その辺の加工の手間が大変そうでした。

 というわけで、さらにネットで情報収集。すると、XLR80を
ディスク化されている方のページを発見。
「ランクス’s ROOM」
(バイク関係→XLR80R 1号機→モディファイ日記)

 こちらの方は、ドリーム50のリアハブを流用しています。
ドリーム50はリアのアクスルシャフトが12mmなので、CRM
よりは工数が少なくて済みそうです。

 というわけで、
・フロントはCRM50/80のホイール流用
・リアはドリーム50のハブ&ブレークブラケットを流用
で行きたいと思います。

 すでにドリーム50のリア回りは入手済み、CRMホイールは
オクで落札した物の到着待ちです。

 さて、無駄な買い物にならなければいいんですがw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

強風による転倒防止策を考える

 昨日はアホみたいな強風で、帰宅したら百モタが倒れて右ミラーが
割れてましたorz
(ホントにこのクソッタレな風はどうにかならんものか。)

 風で倒れない様、何かいい方法はないか、と考えたんですが、
「駐車時の車体の傾斜を深くする」
のは、かなり有効なのではないかな、と思っています。

 と言うのも、同じくらいの強風は、年が明けてからも何回かあった
のですが、NS-1ホイールを付けて、停車中の傾斜角が深かった時
は一度も倒れた事がなかったんですよね。

 で、実はこの前の日曜日に、ちょっと思うところがあってホイール
をノーマル12インチに戻していまして、そうしたところアッサリと
倒れてしまった、と。

 とりあえず今は、リアタイヤと地面の間にゲタをかませて傾斜角が
深くなるようにして見ました。これで倒れなくなるといいんだけど。

 あとはミラーも、倒れても破損しないようなオフ用の物を調達して
こないとな…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »