« 2009年6月 | トップページ | 2009年9月 »

チェーン・スプロケ交換

 ノーマルのスプロケもチェーンも、まだ十分使えそうな感じ
でしたが、少しギア比を上げるついでに520チェーンに変更
しました。

090610_sprk520vm
リアスプロケ
 サンスター RY-112 41T
フロントスプロケ
 サンスター 398 15T
チェーン
 DID 520VM 110L


 チェーンは6リンク切断して104リンクにし、接続は
カシメではなくクリップタイプにしました。
(カシメ工具は高いし、クリップの方が楽そうなので…)

 ギア比はフロント15T、リア41Tで減速比はノーマルの
2.947から2.733に変更。SR500のノーマル
2.750より若干高めです

 それぞれの重量を測ってみました。結果は以下の通り。


090610_sprk_nrm ノーマルのスプロケ。
フロント196g、リア975g。
 
 
 
 

090610_sprk_sunstar サンスターのスプロケ。
フロント176g、リア182g。
 
 
 
 


 チェーンはノーマル・520とも約1.7kgと大差なし。
リアのスプロケだけで約800gの軽量化、と言う所でした。

メモ:交換時のオドメータ・6680.0

| | コメント (2) | トラックバック (0)

オリジナルボックス Power Plug Shim

 点火プラグの電極の向きを、シムを使って変えましょう、といった
用途の物です。詳しい説明はこちら

 こちらは直接発見したわけではなく、こちらのページにて発見。
内圧コントロールバルブの情報を探していてたどり着いたのですが、
それ以外の記事も興味深いものが沢山ありました。


090610_ppshim_pkg 14mmプラグ4気筒用 PPS-001 2940円
 
0.1mm~0.6mmの6種のシムが4枚ずつ。
 
 
 

 プラグのネジピッチが1.25mmなので、0.1mmのシムで約30°、
0.2mmで約60°…0.6mmで約180°プラグの電極の位置が変わります。

090610_ppshim と言うわけで付けてみました。
 
下 :マイナス電極の位置がわかるよう、印を描いて
左上:シム無しの時の位置。ここから半周より少く戻したいので
右上:0.5mmのシムを入れました。印はマイナス電極の反対側。
 
 とりあえずこの向きにして見ました。効果の程は不明。
というか、複数のプラグの向きをそろえましょう、という物
なのでシングルのSRには意味が無いのかもw

 実のところ、これを購入したのは他の場所に使いたかった
からなので、効果があろうが無かろうがOKなのです。

 じゃあ何に使ったのさ? というのはまた後日。

  →こういう風に使いました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年9月 »