« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

ブレーキホース交換(GOODRIDGE buildaline)

 純正アップハンドルに変更する為&ブレーキタッチ改善の為に
ブレーキホースを交換しました。SR400の時に使ったGOODRIDGEの
黒いホースを再度購入しました。

 純正ホースの長さを測ったところ、凡そ95cmだったので、
+5cmの100cmになるように部材を購入しました。

091031_brakehose_a ホースは96cm。
バンジョーは両端とも角度が20°ついたタイプ。
 
 
 
 

 交換後、エア抜きをしてブレーキロックをして1日置きます。
明日確認してフルードが漏れていなければ完了。

091031_brakehose_b ブレーキレバーロックはエア抜きにも便利。
お勧めですよ~。
 
 
 
 
追記
 100cmではちょっと長かったかもしれません。
 95cm位でもよかったかも?

追記2 (09/12/23)
 レバーのタッチはかなり硬くなりました。効きも交換前よりは
 マシですが、残念ながらそれほど改善されてないような…。
 3HTでは結構違いが出たんだけどな~。

追記3(10/05/29)
 マスターを14mmから12.7mmへ変更し、自分的には満足のいく物
 になりました。

現行ディスクブレーキ用ホースの交換記事はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新型SR400

 ついにお目見えしたようですね~。何はともあれヨカッタ。

 ぼちぼちモーターショウで撮影した画像を公開してくださる方が
いらっしゃるようで、それだけの為に行く気にならなかった自分に
は大変ありがたいです。

 さて、そんな画像を見ていて気になったのはサイドスタンド。

 要は足掛けの位置が、純正フロントステップで使いやすい位置に
戻った上、長くなって使い易そうだなーと。
※ステップがフロント→バック→フロントステップと変更した時、
 サイドスタンドはフロント用→バック用→変化無し、でした。

 あとは燃料コックにOnとOffの位置しかないのが気になり
ました。リザーブ無し? メーターに燃料警告灯っぽい表示が
付いていたのでなくなったのかな?

 その警告灯も含め、メーターのインジケータ類も全てLEDっ
ぽく見えたんですがどうなんでしょう?もしかしてメーター照明
もLEDだったり?
※新型のパーツリストが参照できるようになったのでメータの
 照明部品を確認した所、従来どおりの普通の電球でした。

 うーん、なんだか実物を見たくなってきました。やっぱし
モーターショウ行くべきかなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

純正アップハンドル化の準備

 現状、SR400用の低いハンドルが付いていますので、これを
初期SR500のアップハンドルに変更したいと思っています。
(83年はSR400と同じものが標準でした)

 現在Webikeでヤマハ純正部品5%オフなので、とりあえず必要が
ありそうな以下の部品を注文しました。

2J3-26111-00 ハンドルバー
2J2-26311-01 ケーブルスロットル1
2J2-26312-01 ケーブルスロットル2
2J2-26335-01 ケーブルクラッチ
Q5K-YSG-019-034    ロングケーブル、デコンプレッション

 SR500アップハンドル用のワイヤー類は、SR400用より
全て5cmロングのようです。デコンプ用のケーブルは販売終了
なので、ワイズギアの10cmロングの物を発注。

なお、以下の3点の品番が変わっていました。

1J7-26111-00 ハンドルバー
2J2-26311-10 ケーブルスロットル1
2J2-26312-10  ケーブルスロットル2

 書いていて気が付きましたが、ブレーキホースも必要ですね。
あとは、左右スイッチの配線が届かない可能性もあります。
配線は何とかなるけど、ブレーキが短かったらアウトだな…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

初期型メーター(インジケータ内蔵)へ交換

教えて!gooの記事から飛んでこられた方はこちらをどうぞ。

 先日購入したタコメータを取り付けました。メーターステーも
インジケータ無しの物に交換。

091017_meter_bfr 交換前
こんな感じだったものが
 
 
 
 
091017_meter_aft 交換後
こうなりました。
 
ついでにETCもこの位置に。
前よりマシだけど、やっぱり邪魔だな。
 

 大分スッキリしました。速度警告灯の配線も繋いだので点灯
します。

091017_meter_bulb スピードメータのバルブもT10ウェッジの
ソケットに変更した物に交換。
 
メーター照明球はスピード・タコ共に1.7W1個に。
でも実用十分な明るさでした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイヤ交換

 購入時から装着されていたタイヤは2000年製造の物だった
ので、まだ溝はかなり残っているけれど交換。銘柄はダンロップ
のF11とK87。

ダンロップ:DUNLOP/F11
ダンロップ:DUNLOP/F11
3.25H19 4PR (54H) WT

ダンロップ:DUNLOP/K87
ダンロップ:DUNLOP/K87
4.00H18 4PR M MK2(64H)WT

 F11って回転方向ないのかな?表示が見つけられなかった
のでそのまま装着。

ついでに、リアハブにXT500のOリングも装着。


091017_oring 93210-52312 252円 2個
93210-71311 315円 1個
 
 
 
 
 ほぼ終わったところで雨が降り出してしまったので、試走は
明日の予定。明日の朝、空気が抜けてない事を祈るw



| | コメント (0) | トラックバック (0)

純正部品タコメータ 2J3-83540-F1

 こちらのブログこちらの記事で、初期型のタコメータが入手
出来る事を知りました。現状のインジケータ別体型も好きですが、
内蔵型の方がより好みであるので購入しました。

091015_tacho_a 部品番号 2J3-83540-F1
 
購入価格は22680円(税込み)
 
 
 

 本来の部品番号は「2J2-83540-F0」ですので、厳密には初期型
メータではなく、初期型レプリカと言うべきなのかな? その為
多少の差異があります。

091015_tacho_b 今回購入したメータ。
メータ照明球が1つ
 
ランプ類は全て1.7WのT10ウェッジ

 
091015_tacho_c こちらは初期型(と思われる物)

メータ照明球は2つ。
 
ランプ類は3.4WのG10 BA9S

 
 
091015_tacho_font フォントの違い。
 
上が今回購入した物。
下は当時物と思われるもの。
 
 

 ソケットがT10ウェッジ用だったのはうれしい誤算。この
タイプのソケットで配線を作り直すつもりだったので手間が
省けました。

 メータの底面に、製造年月日と思われる数字「30.5.'05」が
あります。2005年5月30日製造かな。

 そこで浮かぶ疑問。果たしてタコメータだけ製造するものか?
セットでスピードメータも作ったんじゃないのか?

 部品番号は「機種コード-部位-版数」ですから、真ん中の
83540(タコ)をの83570(スピード)に置き換えて検索すると…。

2j383570f1 こんなのが。イタリアeBayで出品されていた物です。
 
 
 
 
 

 「2J3-83570-F1」は180kmスケール・レッドゾーン無しの模様。
つまり、国外向け補修部品としてスピード・タコ両方を作り、
タコのみ国内用とほぼ同じ外観なので販売、て所でしょうか?

 とりあえず、このタコメータもメーカー在庫が少なくなって
いるようですので、ご入用の方は早めに購入したほうが良いかと
思います。

 
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

SR500(34A)購入

 というわけで、SR500を購入しました。もちろん中古。

091010_sr500

車体番号が2J2で始まる1型SR。83年型
走行距離は約15000km弱。
 
諸費用込みで約35万円。
 
 

 当初は、SR400を500にする方向で考えていたんですが、
色々考えて、程度の良いSR500を入手することにしました。

中古のSRをキチンと整備して販売するお店、と言えば、最初に
浮かぶのは大阪のM.W.Iさん。丁度中古車のSRが店頭に
並んだようなので、お邪魔してみようかと思いました。
(先日ETCを付けたのは、その為でもあったのです)

 が、そう考えているうちに東京のジュノーモーターサイクルさん
の在庫車にもSR500(しかも初期型)が増えているではありま
せんか。

 両者の車両価格の差は約6万円。しかし車両を受け取るまでの
諸費用を考慮するとあまり変わらない気もします。お店が近い方が
何かあった時に安心ですしね。

 というわけで現車を確認しに行き、良さそうだったので即注文。
昨日めでたく受領してきました。

 26年物なので不安は若干ありますが、帰りの高速道路での
力強さには満足。手元のFCRを付けるつもりでしたが、VMで
十分いけます。暫くはノーマルのまま乗ろうと思います。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

諸般の事情により

 SR400を降りる事になりました。今まで交換した部品を
全てノーマルに戻します。

090922_06sr400bfr 戻す直前の姿
 
この姿もお気に入りでしたが。
 
 
 

090922_06sr400aft ほぼノーマル。
 
改めて戻してみると、この姿も
良いものですね。
 
 

3年間、長かったような短かったような。どうもありがとう。
次のオーナーさんに可愛がってもらえる事を願っているよ。
さようなら、SR400。

090922_06sr400



















そして、これからよろしく、SR500。
091010_sr500  
 
 
 
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

リアショックのマウント部分をちょっと変更

 リアショックユニットの取り付けについて、こちらのHPの
こちらの記事が以前から気になっていました。
(この記事以外も、大変参考になります。)

 と言うわけで、うちのSR+オーリンズ36Eがどうなって
いるのか確認します。

090610_rear_shockmount 左がショック取り付け基部の断面。青いのは純正の
ワッシャで、オレンジは36E付属の物。
上下左右の4箇所とも、同じ構成・同じ寸法です。
 
AよりBが大きい、ということは…。
 

090610_rear_shock_a 当然、こうなりますよねー。
 
 
 
 
 

 見事にガッチリと固定されます。これをどうにかするには、
内側のワッシャの厚みを0.15mm薄くする必要がありま
すが、そんな高度な加工技術は持っていません。

 で、思いついたのが、以前ご紹介したパワープラグシム
あれを0.1mm刻みのワッシャ代わりに使えばどうか?

090610_ppshim_mod パワープラグシムは、プラグから外れないように
内側に3箇所の突起があります。(左の物)
 
この突起を削れば、内径14mmのワッシャの

出来上がり。 
 

090610_rear_shock_b左は、純正ワッシャ+36E付属ワッシャ。これを
右の様に、純正ワッシャ2枚+PPシムで使用。
 
 
 
 

 純正ワッシャ(2.05)2枚とPPシム(0.7)で
内側のワッシャ厚を4.8mmとし、最初の図のA寸を
17.05mm(B寸+0.1mm)として見ました。

 これで一箇所ずつ規定トルクで締めて動作を確認して
見ると…固定はされませんが、ちょっと渋い。そこでシム
の厚みを0.1mmずつ減らして見るも、やはり渋い。

 あるぇ~?何で?と思って、ふと外側につけるワッシャ
を見てみると…。

090921_normal_washer 凹んでます(汗
 
ちなみに、外側のワッシャは、内側の増量分を購入
する時に一緒に注文した新品だったんですが…。
 
 

 どうも締め付けるとその力で凹んでしまい、その分
A寸が狭くなるようです…。しょうがないので、シムの
厚みを大分減らして0.4mmとしました。

090921_normal_bushなお、純正ショックユニットはここにゴムブッシュ
だけで、取り付け部より若干幅広なため、当然
ながらこのワッシャで問題ないようです。
よく考えられてますね~。
 
 

 というわけで、イマイチすっきりしませんが、最初の
固定されている状況よりは幾分マシになっているはず。
きっと36Eの寿命も延びてくれることでしょうw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »