« ETC車載器を取り付けてきました | トップページ | 諸般の事情により »

リアショックのマウント部分をちょっと変更

 リアショックユニットの取り付けについて、こちらのHPの
こちらの記事が以前から気になっていました。
(この記事以外も、大変参考になります。)

 と言うわけで、うちのSR+オーリンズ36Eがどうなって
いるのか確認します。

090610_rear_shockmount 左がショック取り付け基部の断面。青いのは純正の
ワッシャで、オレンジは36E付属の物。
上下左右の4箇所とも、同じ構成・同じ寸法です。
 
AよりBが大きい、ということは…。
 

090610_rear_shock_a 当然、こうなりますよねー。
 
 
 
 
 

 見事にガッチリと固定されます。これをどうにかするには、
内側のワッシャの厚みを0.15mm薄くする必要がありま
すが、そんな高度な加工技術は持っていません。

 で、思いついたのが、以前ご紹介したパワープラグシム
あれを0.1mm刻みのワッシャ代わりに使えばどうか?

090610_ppshim_mod パワープラグシムは、プラグから外れないように
内側に3箇所の突起があります。(左の物)
 
この突起を削れば、内径14mmのワッシャの

出来上がり。 
 

090610_rear_shock_b左は、純正ワッシャ+36E付属ワッシャ。これを
右の様に、純正ワッシャ2枚+PPシムで使用。
 
 
 
 

 純正ワッシャ(2.05)2枚とPPシム(0.7)で
内側のワッシャ厚を4.8mmとし、最初の図のA寸を
17.05mm(B寸+0.1mm)として見ました。

 これで一箇所ずつ規定トルクで締めて動作を確認して
見ると…固定はされませんが、ちょっと渋い。そこでシム
の厚みを0.1mmずつ減らして見るも、やはり渋い。

 あるぇ~?何で?と思って、ふと外側につけるワッシャ
を見てみると…。

090921_normal_washer 凹んでます(汗
 
ちなみに、外側のワッシャは、内側の増量分を購入
する時に一緒に注文した新品だったんですが…。
 
 

 どうも締め付けるとその力で凹んでしまい、その分
A寸が狭くなるようです…。しょうがないので、シムの
厚みを大分減らして0.4mmとしました。

090921_normal_bushなお、純正ショックユニットはここにゴムブッシュ
だけで、取り付け部より若干幅広なため、当然
ながらこのワッシャで問題ないようです。
よく考えられてますね~。
 
 

 というわけで、イマイチすっきりしませんが、最初の
固定されている状況よりは幾分マシになっているはず。
きっと36Eの寿命も延びてくれることでしょうw

|

« ETC車載器を取り付けてきました | トップページ | 諸般の事情により »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183896/46374497

この記事へのトラックバック一覧です: リアショックのマウント部分をちょっと変更:

« ETC車載器を取り付けてきました | トップページ | 諸般の事情により »