« 部品取り500エンジン分解 その01 | トップページ | 部品取り500エンジン分解 その03 »

部品取り500エンジン分解 その02

100209_headcover_b 赤丸の部分に注目。
ロッカーアームシャフトの固定ネジに見えますが
ロックワッシャがありません。
しかもボルトの形状も変。
 
 
100210_headcover 外してみると、ロックワッシャの為の平らな部分が
ありません。ロックタイトで固定していた模様。
しかも、付いていたボルト?は穴を塞いでいるだけ
で、シャフトは周り止めが無い時代のもの。
 
 

 よく分かりませんが、変に加工されているようです。
このヘッドカバーは再使用しないほうがいいかも?
とりあえず先に進みます。

100210_head ヘッドを外しました。
バルブの刻印は吸気2J2、排気583でした。
82年以前のエンジン?
 
 
 
100210_cyl_a シリンダー。オイル浸しなのは、分解前にキックペダル
でクランキングさせようとしたら「ゴリッ」と嫌な音が
したので、プラグホールからエンジンオイルを入れた為
です。
さて、シリンダーの直径を計ってみると…
 
100210_cyl_b 90mm。
 
 
 
 
 

オワタ\(^o^)/


|

« 部品取り500エンジン分解 その01 | トップページ | 部品取り500エンジン分解 その03 »

コメント

このエンジン組んだ奴、大丈夫か?って思いますよね。
90mmってことは534ccってことかあ。
ピストンとシリンダーの状態がよければいいですね。
あとご存知かもしれませんが、ヘッドカバーはヘッドとセットでカムシャフトジャーナルの加工をしているので、片方だけ使うことはしない方がいいようですよ。

投稿: tadar | 2010年2月11日 (木) 16時54分

>tadarさん

シリンダーの方は内壁に錆が出ていたので、多分ダメでしょう…。
腰上に関しては諦めモードです^^;

>ヘッドカバーはヘッドとセット

これは知りませんでした!なるほど、だから部品もセット販売
なんですね。危うくヘッドカバーだけ狙って購入する所でした。
情報どうもありがとうございますm(__)m

投稿: kou | 2010年2月11日 (木) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183896/47533660

この記事へのトラックバック一覧です: 部品取り500エンジン分解 その02:

« 部品取り500エンジン分解 その01 | トップページ | 部品取り500エンジン分解 その03 »