« 2010年2月 | トップページ | 2010年5月 »

部品取り400エンジン分解

 主にヘッド周りを使おうと思って落札した400エンジンも分解します。
ヘッドのフィンに補強が入った物なので、少なくとも85年4月以降の物
(1JR以降)と思われます。

 やることは500エンジンと同じなので、今回は気が付いたところなど
だけ書いていきます。

100322_fwpuller フライホイールプーラー比較。左が純正、右がストレート製。
ネジ形が違うので、クランクに当たる面の広さが違います。
(下はストレート製の物を当てた所。)
今回もストレート製の物では外しきれず、純正+補助ツールで
外しました。
 
100322_birthday クラッチに年月日らしきものがありました。
平成3年11月1日か、平成元年3月11日かその辺りでしょうか?
 
 
 
 
100322_magnet 下のような指示棒の先に磁石が付いたようなものがあると便利です。
だいぶ昔に100円ショップで買った気がします。
 
ここのロッドが折れている事も稀にあるようですので、そういう時
に便利かも。
 
100322_pdg_nut プライマリドライブギアのナットは今回も苦労しました。
ウェスがダメだったので、折りたたんだ紙を使用した所、うまく外す
ことが出来ました。
 
 
 
100322_headcover シリンダーヘッドカバー、前回は簡単に外れた気がするんですが、
今回は苦労しました。赤矢印のように出っ張っている部分に下か

ら木の棒を当て、プラハンで叩いて外しました。
片側に隙間が出来た後に反対側を叩くと、先に出来た隙間が狭まって
しまいます。空いた隙間に折り畳んだ紙を挟めばよかったかも。
 
100322_cc_separater 前回使いづらかったクランクケースセパレーターは、要はケースに
つけるネジの長さが足りないだけなので、ホムセンでM8P1.25
の長めのボルト(今回は13cmと15cm)を購入。
これで問題なく使用できました。
 

 あと画像を取り忘れましたが、クラッチ側のクランクケースカバー
も外すのに苦労しました。100円ショップで買ったスクレーパーを
ガスケットに突き刺して外しましたが、これは良くなかったかも。

 2003年から外す時に使う耳が付いたようですが、ガスケットは
同じなので安価で入手できそうなら流用してみたいかも。 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

内圧コントロールバルブ取り付け

 以前使っていた内圧コントロールバルブを取り付けました。
新型のエアクリーナボックスではそのまま付くんですが、
旧型だとそのままでは難しい。

100320_owv_a 新型はクランクケースの出口とエアクリーナボックス
の入り口が同じ径なのですが、旧型はこの様な形状。
 
 
 
 

 ここのジョイントを加工するしかないんですが、
ヤフオクでようやく入手出来たので加工して取り付け
ました。

100320_owv_b このように途中で切断し、そこへねじ込みます。
ホースバンドはφ32が締められるものならOK。
 
 
 
 
100320_owv_c ジョイント内部には仕切りがあるので、その部分も
切り取る必要がありました。
 
 
 
 
100320_owv_d こんな感じになりました。
 
 
 
 
 

 試走してみましたが、あまり変化は感じられませんでした。
ただ、以前も元に戻すと違いは分かったので、今回も戻せば
効果は分かるのかも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンエス メタルクリーンα

100315_metalcleana ピストンやバルブのカーボンを落とせる 
水溶性洗剤。腐食防止剤配合との事。 
 
1箱1300円(税別)。 
 
 
 
 
 
 
100315_valve_bfr 使用前のバルブ。
 
この洗剤を使う前に別のケミカルを使用した
ので、若干汚れは落ちています。
 
 
100315_piston_bfr 使用前のピストン。
 
こちらも別のケミカルを使用済み。
 
 
 
100315_gutugutu 60~80℃のお湯の方が良いらしいので
電気コンロで煮込んでみました。
 
電気コンロはこの為に購入、2000円位。
ベアリングの交換時に使えないかな?
 
100315_valve_aft 煮込んだ結果はこちら。
 
うーん、若干綺麗になった?かも?
お湯は真っ黒に変色してました。
 
 
100315_piston_aft ピストン。こっちは多少綺麗になりました。
 
 
 
 
 
 匂いとかは無いので、部屋の中でやっても平気
でした。ある程度は綺麗になるようです。過剰な
期待は禁物の様デス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エンジン組立に必要な部品の代金試算

 分解したエンジンを組み立てる際に、必要になりそうな部品を
リストアップ。ガスケット・オイルシールは全交換として、その他
消耗品と、ついでにネジ関係もサビてるので全部入てみた。

 そしたら、ざっくり計算して全部で10万超えになってしまった。
これはちっとキツイ。ガスケット・オイルシール・サークリップと
消耗品に絞っても4万円弱。結構かかりますなぁ。

※そういえば、トランスミッション部の旧型オイルシールが販売終了
になっていました(93102-35180)。新型とは径は一緒で厚みが一部
違うそうですが、そのまま使えるんでしょうか?気になります。

なお、切り替わったのは、パーツリストによると以下からのようです。
 1JN:022401~ 1JR:260501~
       ↑ 220401のタイプミス?

 と言う訳で、組み立てに関しては(主に資金の関係で)長期戦に
なりそう。組みあがった後も無事に動く自信がないのも辛いなぁ。

 業者さんに丸投げしたいい気がしてきたw

 まぁ、自分でばらしただけでも十分勉強にはなりました。少なく
ともクラッチ周りの交換程度なら、今後は自分で出来そうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年5月 »