« 内圧コントロールバルブ取り付け | トップページ | スターレッド外装に変更 »

部品取り400エンジン分解

 主にヘッド周りを使おうと思って落札した400エンジンも分解します。
ヘッドのフィンに補強が入った物なので、少なくとも85年4月以降の物
(1JR以降)と思われます。

 やることは500エンジンと同じなので、今回は気が付いたところなど
だけ書いていきます。

100322_fwpuller フライホイールプーラー比較。左が純正、右がストレート製。
ネジ形が違うので、クランクに当たる面の広さが違います。
(下はストレート製の物を当てた所。)
今回もストレート製の物では外しきれず、純正+補助ツールで
外しました。
 
100322_birthday クラッチに年月日らしきものがありました。
平成3年11月1日か、平成元年3月11日かその辺りでしょうか?
 
 
 
 
100322_magnet 下のような指示棒の先に磁石が付いたようなものがあると便利です。
だいぶ昔に100円ショップで買った気がします。
 
ここのロッドが折れている事も稀にあるようですので、そういう時
に便利かも。
 
100322_pdg_nut プライマリドライブギアのナットは今回も苦労しました。
ウェスがダメだったので、折りたたんだ紙を使用した所、うまく外す
ことが出来ました。
 
 
 
100322_headcover シリンダーヘッドカバー、前回は簡単に外れた気がするんですが、
今回は苦労しました。赤矢印のように出っ張っている部分に下か

ら木の棒を当て、プラハンで叩いて外しました。
片側に隙間が出来た後に反対側を叩くと、先に出来た隙間が狭まって
しまいます。空いた隙間に折り畳んだ紙を挟めばよかったかも。
 
100322_cc_separater 前回使いづらかったクランクケースセパレーターは、要はケースに
つけるネジの長さが足りないだけなので、ホムセンでM8P1.25
の長めのボルト(今回は13cmと15cm)を購入。
これで問題なく使用できました。
 

 あと画像を取り忘れましたが、クラッチ側のクランクケースカバー
も外すのに苦労しました。100円ショップで買ったスクレーパーを
ガスケットに突き刺して外しましたが、これは良くなかったかも。

 2003年から外す時に使う耳が付いたようですが、ガスケットは
同じなので安価で入手できそうなら流用してみたいかも。 

|

« 内圧コントロールバルブ取り付け | トップページ | スターレッド外装に変更 »

コメント

実際に作業された方の生きた情報はとても参考になります。僕もエンジンいじりたい!

投稿: tadar | 2010年3月24日 (水) 00時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183896/47879674

この記事へのトラックバック一覧です: 部品取り400エンジン分解:

« 内圧コントロールバルブ取り付け | トップページ | スターレッド外装に変更 »