« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

朽ちたスイングアームベアリングの取り外し

 中古のスイングアームを入手したのですが、固着しかかったシャフト
を抜く時に左側のベアリングがバラバラになってしまいました。

100622_pivot_a ベアリングの外側だけがアームに残った。
 
右側はかろうじて原形を保っていた。やっぱり左側は
水が溜まっちゃうんですかね。
 
 

 この状態だと、ベアリングプーラーの爪がうまく掛からず取れない
ので、右側のベアリングをばらして再利用。

100622_pivot_b 簡単にバラバラになった。
 
で、このピンとベアリングのインナーだけを
 
 
 
100622_pivot_c 左側へある程度嵌め込んで…
 
 
 
 
 
100622_pivot_d この状態でプーラーを掛けて、ラスペネを付けながら
ゆっくり力を掛けて…
 
 
 
 
100622_pivot_e …お!
 
 
 
 
 
100622_pivot_f 無事に取れました!
 
 
 
 
 

 だいぶ悩みましたが、何とか外せました。

 こんな状態にならないように、こまめにグリス注入してあげないと
ダメですね^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

垂れウインカーをリフレッシュ?

 根元がゴムのウインカーは、経年で自身の重みにより垂れて来ます。
これを…。

100620_flasher_a こんな感じで垂れ角が付いた物を
 
 
 
 
 
100620_flasher_b
レンズ、バルブを外し、
 
 
 
 
 
100620_flasher_c 止め金具を外してソケットを外し、
 
 
 
 
 
100620_flasher_d 接続部のボルトを抜いて、分離させる。
 
 
 
 
 
 この後、基部を左右入れ替えて…

100620_flasher_e こんな感じになる。
 
 
 
 
 
 これで取り付ければ後は自重で水平に!

というのを考えたんですが、どうでしょう?

ヤッパダメカナー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

部品取り400エンジン購入

100619_2h6_a  また買ってしまいました。15000円也。
 
 
 
 
 

 組み立てもしないのにそんなに買ってどうすんのさ?!
っていう突っ込みは至極ごもっとも。

 前に買った400エンジンで部品は揃ってはいるんですが、

・やっぱりヘッド周りは初期型の形のほうがいい。
・初期のオイルラインもあれば欲しい
・程度の良いクラッチカバー、ジェネレータカバーが欲しい

といった理由で買ってしまいました。手持ちのカバー類、結構
深い傷が入っていて磨いても消えなさそうなんですよね…。

 そして、それ以上に欲しかった理由は、この固体にはこれ
が付いていたのです。


100619_2h6_b 初期型のシフトペダル。
 
 
 
 
 

 これはなかなか出てこないんですよね~。なので行ってしまい
ました。

 一応このエンジン、実働って事なので(ホントかどうかは分か
りませんが)、極力分解せずに予備にしようと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フォークオイルとスパークプラグを交換

 フロントフォークをアセンブリ交換してから1500km経った
ので交換。ホントは1000km時点で交換しようと思っていたの
だけど、ついつい遅くなってしまった。

 オイルは円陣家至高のABSO-Rが残っていたのでこれを使用。
油面は1JNのフォークなので188mmにセット。

 外したついでに、ブレーキキャリパの清掃とグリスアップ。
パッドはまだ十分残っているので当分はこのまま使用。

 それと、メーターギアの清掃とグリスアップ。最近、メータ
の針がフラフラするのでやってみた。直らなかったらケーブル
交換、それでダメならメータ本体かな…。

 フロント周りが終わったあと、スパークプラグを交換した。
約2500kmで、まだ使えそうだけれど念のため。物はデンソー
のIW20。

 暑かったので休憩を入れつつダラダラやっていたら4時間程
掛かってしまった。そして作業中にまったく写真を撮っていな
かったので文字だけの寂しい記事になってしまった^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初期型ウィンカー取り付け

 まずはフロントから交換。フロントは入手出来れば
(最悪ステーが現行のものでも)簡単に取り付けが
出来ます。

100605_f_flasher さくさく交換。
で、こうなりました。 
 
左側は先日加工したウィンカー。 
 
 

 問題はリア側で、ここはフレーム形状が変更されて
いる(蓋が溶接してある)為、そのままでは付きません。

100605_r_stay こんな感じになっている。
穴径は12mm強。
 
 
 
 

 元々、大き目の穴があり、そこへゴムブッシュが入って
フロント同様の台座が取り付けられるんですが、そのま
まではちょっと無理。そこでウィンカー側で対処します。

100605_flasher_collar 左:ウィンカーの基部にはこのような突起があり、
右:この台座の溝に嵌まります。
 
台座の四角い部分が邪魔なので金鋸で切り落としました。
 
 

 台座の四角い部分を切り捨てたので、一応このままでも
付けられるんですが、リジッドだと玉切れしやすくなりそ
うなので、ゴム板をはさみます。

100605_r_flasher_hgom 上:ノーマル状態。これのスタッドボルトをフロント用の
  長いものに交換して、
下:台座/5mmゴム板/1mmゴム板2重巻き/5mmゴム板/ワッシャ
  の順で取り付け。直に付けるよりはマシなはず。
 
 
100605_r_flasher で、こうなった。
ホンモノより若干出っ張っているはず。
 
 
 
 

 無事、取り付けることが出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オイル交換 AMSOIL MCV 20W-50

 前回オイル交換してから半年経ってしまった為、距離は
2000km以下なので勿体無い気もするけれど交換。

 400の時は通年10W-40を使用していたけれど、
500は熱的に苦しいと聞いているので、20W-50を
使ってみることにした。

100605_mcv20w50 銘柄はいつものAMSOIL。
価格は2520円/946ml。
 
 
 
 

 距離が伸びなければまた半年後、だと12月になってしま
うので、10月あたりに10W-40に戻す予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウィンカーの柄の交換

 

以前購入した初期型ウィンカーは、フロント側の片方が
ボロボロで使用に耐えないため、探しているんですがこれが
なかなか出てこない。

 しょうがないので、とりあえず手持ちのウィンカーを組み
かえることにしました。

100602_winker_a旧型のウィンカーはボディーが2パーツ構成で、
ねじ込んでからピンが圧入されています。
このピンをボール盤で削り取り、分離させます。
がSRのフロント用、上はそのほか何か用(不明)
柄の部分の長さが結構違います。
 

100602_winker_b 綺麗なレンズ側とSR用の柄を組み合わせ、M4の
ねじ山を作ります。
 
 
 
 
100602_winker_c M4ネジで固定して完成。
 
これは仮で、後で芋ネジに変更予定。
 
 
 

これでどうにか使えるウィンカーがそろいました。
早速週末に交換してみる予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »