« 垂れウインカーをリフレッシュ? | トップページ | ペアスロープ PG-12 ショートグローブ »

朽ちたスイングアームベアリングの取り外し

 中古のスイングアームを入手したのですが、固着しかかったシャフト
を抜く時に左側のベアリングがバラバラになってしまいました。

100622_pivot_a ベアリングの外側だけがアームに残った。
 
右側はかろうじて原形を保っていた。やっぱり左側は
水が溜まっちゃうんですかね。
 
 

 この状態だと、ベアリングプーラーの爪がうまく掛からず取れない
ので、右側のベアリングをばらして再利用。

100622_pivot_b 簡単にバラバラになった。
 
で、このピンとベアリングのインナーだけを
 
 
 
100622_pivot_c 左側へある程度嵌め込んで…
 
 
 
 
 
100622_pivot_d この状態でプーラーを掛けて、ラスペネを付けながら
ゆっくり力を掛けて…
 
 
 
 
100622_pivot_e …お!
 
 
 
 
 
100622_pivot_f 無事に取れました!
 
 
 
 
 

 だいぶ悩みましたが、何とか外せました。

 こんな状態にならないように、こまめにグリス注入してあげないと
ダメですね^^;

|

« 垂れウインカーをリフレッシュ? | トップページ | ペアスロープ PG-12 ショートグローブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183896/48696964

この記事へのトラックバック一覧です: 朽ちたスイングアームベアリングの取り外し:

« 垂れウインカーをリフレッシュ? | トップページ | ペアスロープ PG-12 ショートグローブ »