« 現行アルト(HA25S)を購入する | トップページ | アルト(HA25S)納車 »

初期型スイングアーム

 記事はまったく書いていませんが、SRの方も色々
とやっています。そのうち、一番早く出来そうなのが
こちら。

 以前、朽ちたスイングアームベアリングを頑張って
取り外しました。もっと程度の良いスイングアームも
ヤフオクにあるのに、頑張った理由は…。

100902_2j4_reararm 初期型のスイングアームだったからなのでした。
 
トルクロッドが上側に出るタイプです。
 
 
 

 実は、3基目のエンジンを引き取りに行った時に、
他に欲しいものある?と聞かれ、それならばとその場
で譲ってもらったのです。

 で、これを取り付けるために、何が必要なのかを
調べたり仮組みしたりしています。

100902_2j4_plate まずはブレーキプレートの差異。
こちら初期型の物。中央のアクスルシャフトが通る
部分に段差があります。また、ブレーキカムシャフト
部分が切削加工されています。
部品番号は恐らく「2J4-25321-00-38」。
 
100902_1e6_plate こちらはその後仕様変更されたもの。段差はなし。
ブレーキカムシャフトの部分も鋳型から外したまま
のようです。
部品番号は恐らく「1E6-25321-01-38」。
 
 

 段差があるから互換がないか?というと、そう言う
訳ではないようです。段差も含め、穴の奥行きはほぼ
同じ寸法なのです。他の差異はというと

100902_2j4_plate_b ブレーキカムシャフト部の厚み。
初期型は3.4mm。
 
 
 
 
100902_1e6_plate_b 仕様変更後は3.7mm弱。
ここの寸法は、正確でなくてもいいように、
ブレーキカムシャフト側で工夫しているようです。
 
 
 
100902_2j4_cam これが初期型にブレーキシューを組んだところ。
カムとシューの当たり面の幅がほぼピッタリです。
当然加工もめんどくさいものと想像します。
 
 
 
100902_1e6_cam これは現行。プレート側の誤差がある程度大きくても
問題ないようになっているんじゃないかと思います。
ブレーキカムの加工工数も減っていると思われます。
 
 
 

 上記の様に、コストダウンの為に加工工程を減らし
た部品番号が変わったのでは、と思います。ちなみに
ハブ側は最初から現在まで「1E6-25311-00-38」です。

100902_2j42j4 実際にスイングアームに取り付けてみる。
これは初期ブレーキプレートに初期スイングアーム、
そして初期チェーン引き。
当然問題なく組み付け出来る。
 
 
100902_3h03h0 これは初期ブレーキプレートに現行スイングアーム、
現行チェーン引き。
これもほぼ問題ない。
 
 
 
100902_3h02j4 物は試しと、現行スイングアームに初期チェーン引き
で取り付け。これも問題はなさそう。
 
実はカラーの付いていないほうのチェーン引きは初期も
現行もほぼ同じだと思われる。
 
 

 結局のところ、初期型スイングアームだけ交換でよい
のであれば、リアハブ周りは手持ちのもので問題ない、
ということだと思われます。

 あとは、ブレーキペダルからのリンク関係についての
比較をしたいと思っています。

|

« 現行アルト(HA25S)を購入する | トップページ | アルト(HA25S)納車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183896/49328638

この記事へのトラックバック一覧です: 初期型スイングアーム:

« 現行アルト(HA25S)を購入する | トップページ | アルト(HA25S)納車 »