« ステップの修理と、ちょっと改良 | トップページ | 青森までキャンプ?ツーリング 1/3 »

3GW用レクチファイア・レギュレータ流用の可能性

 この前のこの画像を見て、おや?と思われた方はいるだろうか?

101002_regu_recti

3つのレクチレギュのうち、上の1個の形が
違います。
 
 
 
 
 実は上の1個は、92年までの2J2-A0(SH235)ではなく、93年から
使われているSH640-12なのです。

 新旧の配線図等を確認し、そのまま使えるのではないかと思い
入手しました。結果は、特に配線加工せずとも、、そのまま使用
出来そうです。

101002_sh640

SH640-12を接続し、アイドリングを2000rpmにして測定。
表示されている電圧の辺りで安定してました。
回転数を上げても、大きく外れることはありません。
 
 
 

 新型のレクチレギュを使うメリットは

 ・新品でも安い
   2J2-81960-A0は20790円、3GW-81960-02は7686円と、
   約1/3の金額で購入出来る。

 ・中古でも作られた時期が新しい
   車体についていた物なら、2J2は新しくても92年、3GWは
   古くても93年と推測できる

 ・MFバッテリー対応である
   大きく重い開放型の7L-Bではなく、小型軽量な4B-5、
   または他のMFバッテリーが使える

 等があると思います。

 また、3型の3HT-81960-00もSH640-12(赤字?)なので、多分
これも流用可能と思われます。(新品価格は7109円と更に安い)

 もっとも、数分アイドリングしただけですので、車体に取り付けて
走行した場合、何か不具合があるかもしれませんが、その辺は
いずれ確認してみようと思います。

 なお、逆のパターンは配線を追加する必要があります。

  SH235
  黒  
  白 白 白

  SH640-12
  黒   
  白 白 白

 茶色の配線が足りません。これはキーON後の回路電圧を監視
しているらしく、ここを繋げないと回転数にあわせてどんどん電圧
が上がってしまう様です。

 SRではありませんが、SRV/ルネッサの場合の例がひろしま様の
ブログ
で確認できました。

 おそらく、テールランプ等の茶色線をそのまま繋げてやれば大丈夫
だとは思いますが、確証はありません。

 ※以上の内容についてお試しになる場合は、各人の責任にてお願い
  致します。

追記
 3GW用レギュレータに取り替えました

|

« ステップの修理と、ちょっと改良 | トップページ | 青森までキャンプ?ツーリング 1/3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183896/49637721

この記事へのトラックバック一覧です: 3GW用レクチファイア・レギュレータ流用の可能性:

« ステップの修理と、ちょっと改良 | トップページ | 青森までキャンプ?ツーリング 1/3 »