« ブレーキキャリパーのメンテナンス | トップページ | KEDO エンジン用オイルシールセット »

SOHCエンジニアリング チタンバルブリテーナー

 SRは、バルブのステムエンド(頭)を直接叩くので、どうしてもそこ
が磨耗してしまいます。その対策として、シムを挟む形にする為の
パーツです。チタン製なので、ノーマルよりも軽いとの事。

110120_ti_vretainer_2

量ってみました。
左がノーマル、41g。
右がチタン製、34g。
7g程軽くなるようです。
 
 
 お値段は一式18900円(税込)と安くはないんですが、これでバルブ
の磨耗が防げるのならいいかな?と。文面からすると、シムはあまり
磨耗せず、アジャストスクリューだけ減っていく感じなのかな?

 ホントは、チタンじゃなくても良いので、もっと安価な物があれば
最高なんですけどね~。そうするとノーマルより重くなっちゃったり
するのかな?

 なお、購入に当たり、中古バルブのステムエンド研磨もやって貰い
ました。そちらは1本1050円(税込)でした。

 SOHCエンジニアリングさんのブログの、このパーツの記事は
ここここです。

|

« ブレーキキャリパーのメンテナンス | トップページ | KEDO エンジン用オイルシールセット »

コメント

垂涎のパーツです。
バルブを軽くする事を考えたら7gの軽量化は、スゴイ事かもしれませんね。
耐久性があるなら永く乗りたい人にもいいのかな?

投稿: さいかち | 2011年1月21日 (金) 22時02分

>さいかちさん

確かにバルブを削ると考えれば7gは馬鹿に出来ませんね~。
耐久性、上がるといいな!(その前に完成するといいな!(゚ー゚;

投稿: kou | 2011年1月21日 (金) 22時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183896/50635643

この記事へのトラックバック一覧です: SOHCエンジニアリング チタンバルブリテーナー:

« ブレーキキャリパーのメンテナンス | トップページ | KEDO エンジン用オイルシールセット »