« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

三歩進んで

110227_furidasi

二歩下がる、どころか、振り出しに戻る。
 
  il||li _| ̄|○ il||li 
 
 
 

110227_driven

原因はここらへん。
 
 
 
 
 

 まぁ、車体に固定して火を入れる前に気が付いて
良かったと思うことにしよう。

( ´・ω・`) =3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とりあえずは

110224_egn

こんな感じで…
 
 
 
 
 
 形には出来ました。動くかどうかはまた別の話w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KNIPEX ウォーターポンププライヤー コブラ 8701-300

110204_stick スタットボルトリムーバーを使ったが、
名前に反してリムーブ出来ず、10mmの
ネジ部が見事に9mmの丸棒になってしま
ったスタッドボルト。

 

 これをどうにか外す為に購入したのがこちら。

 到着したので、早速使ってみたところ…。

110206_cobra

力を入れて…。
 
 
 
 
 


パキンッ!」 Σ(゚д゚;)










110206_remove

取れた!!
 
 
*・゜゚・*:.。..。.:*・゜ヽ(゚▽゚*)ノ イヤッホーゥ!!! ゚・*:.。..。.:*・゜゚・* ! 
 
 
 
 いやー、良かった!! 無駄な工具が増えなくて!(ォィ
なおこれを購入するにあたって大変参考になったのはこちら。

 「GARAGE KC」さん

 の、「RZ250R」の「レストア & カスタム」の中の
エンジン組み立て(腰下編)」です。固着したスタッドボルト
を抜くのに、この方法がベストだと書かれています。

 この記事を見なければ、もっとひどい事態になっていたかも
知れません。本当にありがたいことです。

 と言うわけで、一家に1本、クニペックスのウヲポンを是非どうぞ!

 なお冒頭でリンクを貼ったものは数量限定でした(あと1個)
次点では下記が安かったです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

KTC 12.7sqスタッドボルトリムーバー BSR35

 スタッドボルトを外す時は、いつもダブルナットでやるんで
すが、クランクケースとシリンダーの間の物が物凄く固く、
ナットだけが回ってしまいます。

 そういえば、スタッドボルト専用の工具があるんだっけっか、
と思い出し、ちょこっと調べた後に購入したのがこちら。

110204_bsr35

KTC 12.7sqスタッドボルトリムーバー
BSR35-10(10mm用)とBSR35-8(8mm用)。
価格はそれぞれ2000円くらい。
 
 
 
 で、早速使ってみたんですが、最初は力が掛かるものの、ある
程度力が掛かると「パキン」と言う音と共に緩む。何度やっても

同じ。ぐるぐる回しているうちに…

110204_stick

直径9mmの丸棒になりました!
 
 
 
orz
 
 このタイプのリムーバーは、メーカーで多少の差はあれ、基本

は3つのローラーがスタッドのネジ山に食い込みながら力を掛け
るので、山が潰れてしまえば当然空回りしてしまいます。

 つまり、ネジ山がなくなる前にスタッドが緩まなければアウト!
(いや普通はその前に諦めるのか?^^;)

 また、ダブルナットなら諦めてそのまま使う、と言う手も使え
ますが、これを使った後ではネジ山が潰れてしまうのでそれも
出来なくなってしまいます。

 あと、これの説明文には「緩め・締めの両方に使えます」と
書いてあるんですが、構造上、力を掛ける場合は多少なり
ともネジ山が潰れるので、締める時には使えないと思います。

110204_other_stud

試しに他のケースのスタッドを抜いてみた。
確かに外れるが、山は潰れる。 
(そんなに力を掛けた感じはしなかった)
 
 
 
 結論 : このタイプのプーラーは無意味

と、個人的にはそういう結論になりました。

あの力で緩むならダブルナットでも緩むよねぇ、きっとw

| | コメント (3) | トラックバック (0)

スーパーツール ベアリングプーラーセット BP30S(BJ17)

 以前、ベアリングプーラーを物色していた時に見つけ、
17mm用の物はクラッチプッシュレバーのベアリングを
外せそうだと思い、メーカーに寸法を問い合わせました。

110203_bj17

メーカーから頂いた寸法図。
 
 
 
 
 
 回答を見ると、どうやら行けそうだったので購入。
(35mmまであればフォークのスライドメタルにも使えた
んだけどな~)

110203_start

プッシュレバーのシャフト径より細いので、奥まで爪が
届きます。頭はM12ネジになっているので
 
 
 
 

110203_hammer

M12のロングナット、全ネジシャフト、ナット、ワッシャ、
ストレートのスライドハンマーを組み合わせて使用。
 
 
 
 

110203_end

奥側のベアリングも無事に取り外しが出来ました。
 
 
 
 
 
  今回私はセット品を購入しましたが、17mmの爪単体でも
購入できるようです。価格は5000円弱。SSTと考えれば
まぁまぁの値段?ちょっと高いか?

 どーしても奥のベアリングを外したい!って人にはお薦め。
セット品は、この手のプーラーを持っていない人にも良いかも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

作業の進捗状況

 記事が追いついていませんが、作業はちょっとずつ
進めています。

110202_repaint

ボロボロだった外装を、とりあえず缶スプレーで
適当に塗ろうと思ったら、以外に手間が掛かったり、

 
 
 

110202_bearing

クラッチプッシュレバー用の奥のベアリングを
抜くためだけに工具を購入し、無事取り外しに
成功してみたり、

 
 

110202_stud

硬くて外れないスタッドボルトの為に専用工具を
購入したのに、事態が悪化してみたり…。

 
 
 

 と、こんな具合です。







 スタッドボルト、どうしようorz

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »