« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

キックアーム・ステップの流用と小改造

 純正のバックステップは、キックする為にステップをたたむ必要が
あります。当然、始動後はステップを手動で戻す必要があります。

 出発時だけなら良いんですが、路上で再始動する場合に時間が
かかりそうなので、どうにかしたいな~、と思っていました。

 で、こちらのブログこちらの記事で、RZ250R(29L)のキック
アームをSRに取り付けられています。これを使えば、もしかして
なんとかなりそう?と言うことで、入手して付けてみました。

110815_29lkickarm

左:29L用キックアーム取り付けた図。
 
右:ステップを出したままキックして見る。
  まぁ、干渉しますねw
 
 

 干渉しますが、ノーマルのキックペダルよりは外側を通って
います。そこで、ステップ側に細工をして、常に半分程度、上
に上がっている状態にしてみます。

 その為に、ステップは現行のフロントステップを使用…した
かったのですが、入手出来なかったので、SRV用のステップ
を入手・使用しました。

110815_srvstep

上:右がSRV用ステップ。
  根元の幅は同じなので、取り付けはOK。
下:本来はこの方向でバネが入り、常に水平
  になるようテンションが掛かりますが…。
 
 

110815_stepbis

上:バネを上下逆にし、常にハネ上がる方向に
  テンションが掛かるようにします。
下左:ステップにバネの掛かる切込みを入れ、
下右:完全に上がらない様にデブコンを盛りました。
 
 

 これで組み立てて、車体に取り付けます。今回も、ステップの
軸は、前回同様ベータピンで分解可能にしました。

110815_assemble

このような感じになりました。
アルミのシルバーが目立つので、ダークグレー
で塗装してあります。
 
 
 

 さて、これでキックすると…。

110815_kick

ばっちり避けられました。
間隔に余裕があるので、もう少しステップの
角度を倒しても良いかもしれません。
 
 
 

 これでいつエンストしても大丈夫! (なのかー?

 ちなみに、ごつく見えるSRVのステップですが、純正バック
ステップの材質が鉄?なので、片側100g弱軽いです。
現行のステップならもう少し軽くなる?

 あと、ゴムのパターンが初期のステップに似ている気が
するので、その点でも良かったかなーと思います。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

鉄(道)分補給ツー

110807_mkhrpa

千葉という事で、むーらんさん
にご一緒して頂きました。
京葉道路・幕張PAで合流。
 
 
 

110807_station1

小湊鉄道・上総鶴舞駅。
関東の駅百選・No43らしい。
いかにも、といった感じの
ローカル線の駅。
 
 

110807_station2

なかなか良い感じに寂れて
います。線路は一番左側以外は
使われていません。
 
 
 

110807_kiha52125

いすみ鉄道・大喜多駅付近。
キハ52発見!急行のヘッドマーク
が付いてます。実際に急行として
運用されているとか。
 
 

110807_papa

ムーミン列車。ムーミンパパ号?
一般的にいすみ鉄道といえばこっち
の方が有名なのかな?
 
 
 

110807_lunch

鉄(道)分補給後は、御宿で昼食。
大変おいしゅうございました(-人-)
 
 
 
 

110807_jungle

昼食後、むーらんさんお薦め穴場
スポットへ。藪を漕いで行く先は…。
 
 
 
 

110807_beach

こんな場所にたどり着きました。
絶景!
 
 
 
 

110807_fdtk1

お薦め穴場スポットその2。
うぐいすラインの途中で脇道に
入るとたどり着く不動滝。
 
 
 

110807_fdtk2

今日は水量が少ないそうです。
いつもは左にもう一つ滝があるのだとか。
でも涼しくていい感じの場所です。
ちょっと虫が多いけどw
 
 

 といった感じで、お誘いした私はほぼノープランで、
むーらんさんに全面的に案内していただいちゃいました。
どうもありがとうございましたm(_ _)m

 自分一人だったらきっとキハ52見て終わりだったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続・AMSフジイさんでセッティングされたFCR35

110801_ams_jet

刻印が削られてしまって正体不明の
メインジェットとジェットニードル。
 
これの正体を探っていきます。
 
 

メインジェット、ジェットニードルの情報はこちらを参照しました。

 まずはメインジェット。FCRのMJは#80~#230まで
あり、1の位は0、2、5、8と上がって行く様です。それらを
ふまえまして。

110805_mj

メインジェット。やっつけ仕事だったのか、
刻印に削り残しが有ります。最初がケイヒン
マーク、百の位は1、一の位は5で確定。
十の位が0、2、3、6、8、9と候補が
沢山あります。
 

 十の位の候補がたくさんありますが、GB250にFCR35を
付けている方のHPで135を使用していた記述があったので、
その辺か?と130~140の5個を購入してきました。

110805_mj_hole

購入したメインジェットとの比較。
スキャナで1600dpi取り込み。
#130の穴よりも小さい。
と言うことは、#105か#125。
 
 

 #130と#140の差は、6ドット。#135と謎のMJの
差も6ドットなので、#125で間違いないと思われます。

ちなみに、1600dpi=1ドットが0.015875mmなので、10番の差は

 6ドット × 0.015875 = 0.1mm

で、穴自体の大きさも

 #130:82ドット × 0.015875 = 約1.3mm
 #135:85ドット × 0.015875 = 約1.35mm
 #140:88ドット × 0.015875 = 約1.4mm

と、番手を100で割るとmmになる様です。

 お次はジェットニードル。大型ボディ用は「OC」から始まり、
続く3文字が「テーパー」「仕上がり」「ストレート径」との事。

110805_straight

マイクロメーターでストレート径を測定。
2.765mmのようです。最後の桁は「S」です。
 
 
 
 

110805_taper

テーパーは、スキャナーで取り込んで測定。
ニードルが垂直になるよう修正してから、
赤線を描画。これを0.25度、0.75度にした
のが橙の線、0.5度にしたのが紫の線。
0.5×2(左右)=1度なので「E」となります。 
 

 最後に「仕上がり」長さなんですが、これの測り方が良く分かり
ません。テーパーの途中まで計るようなのですが…。

 比較用にJNを5本購入したのですが、「OCExS」を購入すべき
所、間違えて「OCEMQ」から「OCEMU」を購入してしまいました。
取り合えず「OCEMS」と比較すると

110805_start

テーパーの始まる部分がクリップより遠く
なっています。
 
 

 「OCEMS」より「仕上がり」が長い物は、「OCETS」だけの様です。
従って、それが最有力候補なのですが、M:79.15mm、T:81.85mmと、
差が2.7mmなのですが、そこまで違うようには見えません。

 もしかしたら、ショップで加工したJNなのか…?とりあえず、
「OCETS」を購入し、比較してみる予定です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

メーターカバーに、メーターを固定するボルトを接着する

 小ネタです。タイトルが分かりづらいかもしれませんが、

110803_meter_cover_bolt

ここのボルト(赤矢印)の事です。
 
 
 
 
 

 ここのボルトで、メーターはステーに固定されるわけですが、ボルト
とメーターカバーは別部品で、中で押さえる物がなにも無く、ナットを
付けようとするとカバーの中に入ってしまい(゚皿゚*)ムキー!!となります。

110803_bond

そこでこのように、ボルトの頭にスーパーX等の
接着剤を塗りたくって固定してしまいます。
 
 
 
 

 こうすれば、ナットを取り付けるときにボルトが動かないので楽です
し、精神的にも大変よろしい。また、仮に外したくなっても、それほど
苦労しなくても済むはずです。

110803_fixed

このように、逆さにしても問題なし!
(まぁ当然かw)
 
 
 
 

 メーターを外す機会はあまりないと思いますが、バルブ交換なんか
の時にやっておくと良いんじゃないかなーと思います。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

WM SR アルミ ビキニカウルセット WM-1262

110802_stay

ヘッドライトステーの根元に、ステー基部とスペーサーを
取り付けます。小さいスペーサーは、ステーの短いタイプ
(~2002)の場合に使用。ヘッドライト共締めタイプのウイ
ンカーは使用不可。
また、シムズクラフトさんのメーターステーとは相性が悪
く、ノーマルに戻さざるを得ませんでした。

110802_horn

下側のカウルステーはここに取り付け。ホーンと干渉する
ので、説明書では余ったボルトでアンダーブラケットに
取り付けるよう指示があります。ハーネスも届かないので
延長ケーブル作成して接続。
 
 

110802_handle

コンドルハンドルの飾り蓋?がステーに干渉するので、
取り外して蓋をしました。
 
ちなみに、使ったのは、うちに転がっていたオーディオ

用コネクタの蓋。 
 
 で、ビキニカウル本体を取り付けて完成となります。

110802_2oc

110802_3oc

110802_4oc

 
 
 
 
 
 
 

 質感。そのままだと、あくまで素材、と言う見栄えです。
中央に溶接跡の段差があり、結構目立ちます。出来れば
塗装前、バフ掛け前に綺麗にすべきでしょう。

※面倒なのでそのまま塗装しましたが(ォィ

  取り付けに関して、設計が甘いのか、なかなかうまく
取り付け出来ませんでした。ガチャガチャやっていたら
それっぽく付きましたが、良く見るとまだずれてる?

 風防の効果に関しては、まだ走っていないので不明
です。おいおい追記して行こうと思います。

 シックデザインのロードコメットとどっちを買うか迷った
んですが、あっちの方が良かったかなぁ?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

AMSフジイさんでセッティングされたFCR35

 天気が悪くてツーリングも作業も出来ないので、部屋の
整理をしていたら、SR400に付けていたFCR35を発掘。

 こいつはTPSが付く様に改造してもらっていたのだけれど、
もはやTPS付きのSRに乗ることも無いと思うので、どうせ
暇だしノーマル仕様に戻す事にする。

※ノーマル仕様に戻す為の部品は、フライホイールを取りに行った
 際に貰ってきた。

110801_removetps

TPS対応の為の部品(キャブの右側)
今ではTPS対応品が売っている
ので、
これらの存在価値は無い。
 
スピゴットは綺麗に取れれば売れたかも
知れないがボロボロ。まぁいいか。

110801_joint

エアクリボックスとのジョイント。
径が40mmあるのに、キャブの穴との
段差が酷い。
 
 
 

 AMSフジイさんは、FCRのセッティングに関する質問には、

 「車両によって全く変わってしまうので、お答えすることが
  出来ません」

としていたハズ(タブン今も?)。当時からホントかね?と思って
いたけど、結構高いセッティング料金を取ってやっている所だし、
そういう事もあり得るのかな、と思っていた。

 また、社長(長女)さんは、上記と関連して

 「車両によって全然変わっちゃうので、今までセッティングした
  データは記録していないんです(意味が無いから)」

見たいな事も話していたと思う。

 そういうことなら、ここで公開しても良いよね!て事で大公開。

110801_removejet

キャブからジェット類を外す。

 
 
 
 

結果!

 スロージェット  #48
 メインジェット  不明
 ジェットニードル 不明

以上!

 
 

 え?不明って何だよ?!って?
だってしょうがないじゃないですか!

110801_ams_jet

ご覧のとおり
 
 
 
 
 

 メインジェットとジェットニードルの刻印が削ってあって
読めないんですもん!w

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »