« メーターカバーに、メーターを固定するボルトを接着する | トップページ | 鉄(道)分補給ツー »

続・AMSフジイさんでセッティングされたFCR35

110801_ams_jet

刻印が削られてしまって正体不明の
メインジェットとジェットニードル。
 
これの正体を探っていきます。
 
 

メインジェット、ジェットニードルの情報はこちらを参照しました。

 まずはメインジェット。FCRのMJは#80~#230まで
あり、1の位は0、2、5、8と上がって行く様です。それらを
ふまえまして。

110805_mj

メインジェット。やっつけ仕事だったのか、
刻印に削り残しが有ります。最初がケイヒン
マーク、百の位は1、一の位は5で確定。
十の位が0、2、3、6、8、9と候補が
沢山あります。
 

 十の位の候補がたくさんありますが、GB250にFCR35を
付けている方のHPで135を使用していた記述があったので、
その辺か?と130~140の5個を購入してきました。

110805_mj_hole

購入したメインジェットとの比較。
スキャナで1600dpi取り込み。
#130の穴よりも小さい。
と言うことは、#105か#125。
 
 

 #130と#140の差は、6ドット。#135と謎のMJの
差も6ドットなので、#125で間違いないと思われます。

ちなみに、1600dpi=1ドットが0.015875mmなので、10番の差は

 6ドット × 0.015875 = 0.1mm

で、穴自体の大きさも

 #130:82ドット × 0.015875 = 約1.3mm
 #135:85ドット × 0.015875 = 約1.35mm
 #140:88ドット × 0.015875 = 約1.4mm

と、番手を100で割るとmmになる様です。

 お次はジェットニードル。大型ボディ用は「OC」から始まり、
続く3文字が「テーパー」「仕上がり」「ストレート径」との事。

110805_straight

マイクロメーターでストレート径を測定。
2.765mmのようです。最後の桁は「S」です。
 
 
 
 

110805_taper

テーパーは、スキャナーで取り込んで測定。
ニードルが垂直になるよう修正してから、
赤線を描画。これを0.25度、0.75度にした
のが橙の線、0.5度にしたのが紫の線。
0.5×2(左右)=1度なので「E」となります。 
 

 最後に「仕上がり」長さなんですが、これの測り方が良く分かり
ません。テーパーの途中まで計るようなのですが…。

 比較用にJNを5本購入したのですが、「OCExS」を購入すべき
所、間違えて「OCEMQ」から「OCEMU」を購入してしまいました。
取り合えず「OCEMS」と比較すると

110805_start

テーパーの始まる部分がクリップより遠く
なっています。
 
 

 「OCEMS」より「仕上がり」が長い物は、「OCETS」だけの様です。
従って、それが最有力候補なのですが、M:79.15mm、T:81.85mmと、
差が2.7mmなのですが、そこまで違うようには見えません。

 もしかしたら、ショップで加工したJNなのか…?とりあえず、
「OCETS」を購入し、比較してみる予定です。

|

« メーターカバーに、メーターを固定するボルトを接着する | トップページ | 鉄(道)分補給ツー »

コメント

すげーなぁ。自前でマイクロ持ってるんですか?
俺だったら何勝手に削ってんじゃ!(`Д´)オラー!って言って新品のジェット請求するけどw

投稿: 徹鎮 | 2011年8月 6日 (土) 10時33分

>徹鎮さん

一家に一台マイクロメーター、あると便利ですよ!(嘘

バルブステムの磨耗具合を測るのに必要かなぁ、と
思って購入しました。あんまり使っていませんがw

投稿: kou | 2011年8月 7日 (日) 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183896/52395956

この記事へのトラックバック一覧です: 続・AMSフジイさんでセッティングされたFCR35:

« メーターカバーに、メーターを固定するボルトを接着する | トップページ | 鉄(道)分補給ツー »