フロントフォークスライドメタル取り外し リベンジ

 以前失敗したフォークアウターからのスライドメタル取外し、
リベンジするべく、マヤオ@隅っこ族。さんから教えていただいた
ハスコーのプーラーを思い切って購入しました!

110706_hasco35c

ジャーン!

 

って、これ?だけ?(・ω・`)

 

 単品でこの3点のみ購入。だってセット高いんだもん(´Д`;)
(この3点だけでもストレートのセット品が買ってお釣りが来るしね…)
ちなみにそれぞれ、

 左上 NHBP-2035-01 チャック φ35    \7033
 右上 NHBP-2035-51 巻き上げナット   \565
 下  NHBP-2035-50 新型巻き上げボルト \4446


となっております。

で、これ以外の

110707_hanger

こういう奴。ハンガーって言うらしい? 

 
 
 

を、手持ちのストレートかスーパーツールのを使おうと思っていた
んですが、ハスコーの軸がM11、手持ちがM10と使用不可 orz

 しょうがないので、強行策を取りました。

110707_rod

フォークアウターと同じくらいの長さの棒を
用意します。
 
アウターの底の穴が10mmなので、それより
細くてなるべく丈夫な奴。
 

110707_set

スライドメタルにチャックと巻き上げボルトを
セットして 
 
 
 
 

110707_insert

逆さにして、アウターの底の穴から用意した
棒を突っ込み
 
 
 
 

110707_attack

ハンマーで殴る!
 
 
 
 
 

110707_remove

取れました!w
 
 
 
 
 

最初はプラハンで叩いてたんですが、全然外れる気配がなかった
ので、金属のハンマーでガンガン行きました(゚∀゚*)

 プーラー(っていうかプッシャー?)として使えるのが分かった
ので、インストーラーとしても使えないかと思い、試してみました。

110707_install

逆さに取り付けて、適当な大きさのソケットを
当てて殴る!これで行けました。
 
あ、もちろん今度はプラハンですw
 
 

 これでいつでもスライドメタルが交換出来る!(゚∀゚*)ヒャッホウ!!

※スライドメタル交換する機会なんかそんなに無い、とか
 そもそもスライドメタル交換しても意味無いよ、とかの
 突っ込みはナシの方向で…w
 

ハスコー/HASCO チャック φ35 NHBP-2035-0...

ハスコー/HASCO チャック φ35 NHBP-2035-0...
価格:7,033円(税込、送料別)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

G-Wheel アルミラダーレール

 最近、貸しコンテナを借りて、そこへ1台SRを入れておくことに
したんですが、地面との段差が20cm程あり、そのままでは入れる
事が出来ませんでした。

 で、今組んでいるSRを車検場に持ち込む際にも必要になるので、
購入しました。他の商品はおおよそ2万円くらいで、妙に安いのが
気になりましたが、駄目元でこれにしました。

110419_al_ladder

早速、貸しコンテナで使用。
 
高い位置では関節部に補助足を付けるようになって
いますが、低すぎて付かないので無しで使用。 
 
 

110419_al_ladder_b

無事入りました。
 
 
 
 
 

 がたつく感じも軋む感じもなく、無事に入りました。どうやら安物
買いの銭失いにはならずに済みそうです。

 もっとも、軽トラとかで使ったときに関節破断・SR死亡って事に
ならないとも言い切れないわけですが…w その際は改めてレポート
します。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

KNIPEX ウォーターポンププライヤー コブラ 8701-300

110204_stick スタットボルトリムーバーを使ったが、
名前に反してリムーブ出来ず、10mmの
ネジ部が見事に9mmの丸棒になってしま
ったスタッドボルト。

 

 これをどうにか外す為に購入したのがこちら。

 到着したので、早速使ってみたところ…。

110206_cobra

力を入れて…。
 
 
 
 
 


パキンッ!」 Σ(゚д゚;)










110206_remove

取れた!!
 
 
*・゜゚・*:.。..。.:*・゜ヽ(゚▽゚*)ノ イヤッホーゥ!!! ゚・*:.。..。.:*・゜゚・* ! 
 
 
 
 いやー、良かった!! 無駄な工具が増えなくて!(ォィ
なおこれを購入するにあたって大変参考になったのはこちら。

 「GARAGE KC」さん

 の、「RZ250R」の「レストア & カスタム」の中の
エンジン組み立て(腰下編)」です。固着したスタッドボルト
を抜くのに、この方法がベストだと書かれています。

 この記事を見なければ、もっとひどい事態になっていたかも
知れません。本当にありがたいことです。

 と言うわけで、一家に1本、クニペックスのウヲポンを是非どうぞ!

 なお冒頭でリンクを貼ったものは数量限定でした(あと1個)
次点では下記が安かったです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

KTC 12.7sqスタッドボルトリムーバー BSR35

 スタッドボルトを外す時は、いつもダブルナットでやるんで
すが、クランクケースとシリンダーの間の物が物凄く固く、
ナットだけが回ってしまいます。

 そういえば、スタッドボルト専用の工具があるんだっけっか、
と思い出し、ちょこっと調べた後に購入したのがこちら。

110204_bsr35

KTC 12.7sqスタッドボルトリムーバー
BSR35-10(10mm用)とBSR35-8(8mm用)。
価格はそれぞれ2000円くらい。
 
 
 
 で、早速使ってみたんですが、最初は力が掛かるものの、ある
程度力が掛かると「パキン」と言う音と共に緩む。何度やっても

同じ。ぐるぐる回しているうちに…

110204_stick

直径9mmの丸棒になりました!
 
 
 
orz
 
 このタイプのリムーバーは、メーカーで多少の差はあれ、基本

は3つのローラーがスタッドのネジ山に食い込みながら力を掛け
るので、山が潰れてしまえば当然空回りしてしまいます。

 つまり、ネジ山がなくなる前にスタッドが緩まなければアウト!
(いや普通はその前に諦めるのか?^^;)

 また、ダブルナットなら諦めてそのまま使う、と言う手も使え
ますが、これを使った後ではネジ山が潰れてしまうのでそれも
出来なくなってしまいます。

 あと、これの説明文には「緩め・締めの両方に使えます」と
書いてあるんですが、構造上、力を掛ける場合は多少なり
ともネジ山が潰れるので、締める時には使えないと思います。

110204_other_stud

試しに他のケースのスタッドを抜いてみた。
確かに外れるが、山は潰れる。 
(そんなに力を掛けた感じはしなかった)
 
 
 
 結論 : このタイプのプーラーは無意味

と、個人的にはそういう結論になりました。

あの力で緩むならダブルナットでも緩むよねぇ、きっとw

| | コメント (3) | トラックバック (0)

スーパーツール ベアリングプーラーセット BP30S(BJ17)

 以前、ベアリングプーラーを物色していた時に見つけ、
17mm用の物はクラッチプッシュレバーのベアリングを
外せそうだと思い、メーカーに寸法を問い合わせました。

110203_bj17

メーカーから頂いた寸法図。
 
 
 
 
 
 回答を見ると、どうやら行けそうだったので購入。
(35mmまであればフォークのスライドメタルにも使えた
んだけどな~)

110203_start

プッシュレバーのシャフト径より細いので、奥まで爪が
届きます。頭はM12ネジになっているので
 
 
 
 

110203_hammer

M12のロングナット、全ネジシャフト、ナット、ワッシャ、
ストレートのスライドハンマーを組み合わせて使用。
 
 
 
 

110203_end

奥側のベアリングも無事に取り外しが出来ました。
 
 
 
 
 
  今回私はセット品を購入しましたが、17mmの爪単体でも
購入できるようです。価格は5000円弱。SSTと考えれば
まぁまぁの値段?ちょっと高いか?

 どーしても奥のベアリングを外したい!って人にはお薦め。
セット品は、この手のプーラーを持っていない人にも良いかも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストレート パイロットベアリングプーラー 19-602

101123_pbp

STRAIGHT 19-602
 パイロットベアリングプーラー

 
価格は3000円ほど。
 
 
 フロントフォークのスライドメタル取り外しには力及ばず
敗北したこのプーラーですが、フレームに残っていたステム
ベアリングのレースを取り外すのは成功しました!

101228_stembr

こうやって…
 
 
 
 
 

101228_puller

取れた~!
 
 
 
 
 
 …えー。ちょっと解りづらいと思いますが、正しい使い方
で外せた訳ではありません。普通にレースに爪を引っ掛け
て取ろうとすると、力に負けて爪が外れてしまうのです。

 しょうがないので、2枚目の画像の位置で爪をいっぱい迄
開いて、何とか取り外すことが出来ました。

 スライドメタル取り外し時に壊れたのか、それとも元から
こんな物なのかはハッキリしませんが、なんとも微妙。

 結果的に取り外すことは出来たので、まぁ無いよりはマシ
だと思いますが…。同社フライホイールプーラーと同じく、
ハズレ工具だったのかな…(´∀`;)

10/12/29追記

101229_puller

今日良く見たら、爪が思いっきり
曲がってますた(´д`;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フロントフォークスライドメタル取り外し 失敗

 予備に回ったフロントフォーク、折角なのでオーバー
ホールしてみよう! ということで、ヤフオクで安いフォーク
を購入して練習してみることにしました。

101123_kerosenewash

とりあえずバラせるところまでバラして
灯油に漬け置き洗浄。
 
劣化しきったフォークオイルはドブの匂い
がしました^^;
 

 さて、問題のスライドメタルですが、手持ちの工具、その他
を色々組み合わせてみましたが全く歯が立たない。
で、この機会にコレを購入して見ました。

101123_pbp

STRAIGHT 19-602
 パイロットベアリングプーラー
 
価格は3000円ほど。
 
 

 早速コレで頑張ってみましたが…。

101123_fail

ぜんっぜん歯が立ちません。
スライドメタル自体が削れます。
 
 
 
 

  完 全 敗 北 orz

 もっとも、tadarさんの記事で無理そうなのは分かっていたので、
ダメ元だったんですけどね。やっぱりダメでした!

 結局、リューターで削って切断しましたが、削っているのが
スライドメタルなのかアウターチューブなのかいまいち分からず、
チューブ側も削ってしまう有様。

※切断中はCRC5-56をタップリ掛けて、切削補助すると共に、粉塵
 の飛び散り防止も狙いました。また、メガネ着用で防護しました。
 tadarさんも書いていらっしゃいますが、十分注意が必要です。

 というわけで、本番ではスライドメタルは見なかったことにする
ことにしました(ヨワッ

追記
 調べていたら、こんなのを見つけました。
 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1334404593
 ホントにコレで外れるんだろうか??

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ナポレックス Fizz-790 電波時計+温度時計+電圧計

 レクチレギュを交換した際に、電圧と表面温度を監視するのに購入。
本来は自動車内で使うものなので、振動・雨天には当然非対応です。

 電圧の計測はシガーライターソケットから、同時にバックライトの
電源も取ります。温度は長めのコードの先にセンサーが付いています。

101016_fizz790

これもシガーライターソケットを切り飛ばして、
ギボシ端子を付けて直結して使いました。

 
 
 

101016_sensor

温度センサはこんな感じでレクチレギュ表面に
貼り付け。

 
 
 

 振動で表示がおかしくなる、時計が遅れる等の不具合もありました
が、電圧と温度はある程度データが取れました。

 また、青森ツーリングの時、雨の中放置してしまった為、当然ながら
水が入り込み、電圧表示出来なくなりました。

ので、やっぱりSRには向いていません(当たり前だw)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大橋産業 BAL 1755 DC/ACインバータ 23W

 ツーリング中の携帯電話の充電用に購入。シガーライターソケットから
AC100V(23W)とUSB電源が取り出せます。

 シガーライターソケットの差込口をギボシ端子に交換し、ヘッドライト
ケース内の配線から12Vを取るように加工しました。

101014_bal1755

こんな感じ。
一応ヒューズも付けておきました。
 
 
 
 
 結構電気を食うようで、昼間は問題ないのですが、夜間ヘッドライトを
点灯するとバッテリーの電圧が極端に下がってしまいました。もっとも、
使い古しのバッテリーでしたので、新品にすれば問題ないのかも。

 停車中に使ってバッテリーがあがるのも嫌なので、携帯の充電は走行中
のみに限定して運用しています。 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大橋産業 BAL 1734 オートバイ・軽自動車用バッテリー充電器

 もしかしたら、レギュレーターは壊れてなくて、単に
バッテリーが消耗してるだけなのかも?と思い、充電器を
購入してみました。

100929_bal1734

BAL-1734 購入価格2880円。
バイク用は1.2Ah(10HR)、軽自動車用は14Ah(5HR)対応。
 
 
 
 

 説明書によると、端子電圧が7.5V~10.5Vだと、活性過充電
モードになるそうで、8V程度まで低下していたバッテリー
でもいけるかな~と思いましたが…。

100929_zx7lb

結果はNG。
オートバイモード(0.8Aで充電)でも、
軽自動車モード(2Aで充電)でもすぐに
待機状態に。
 
 

 さて困った。もう少しいい充電器を買うか、あるいは
新しいバッテリーを買うか。

 と、そこで、2年前に3HTで交換したMFバッテリー
が取ってあるのを思い出しました。あれがまだ使えれば、
これと並列に繋いでやればうまくいくんじゃなかろうか?

※取ってある、と言うか、処理に困って放置していたとも言うw

 MFバッテリーを発掘して端子電圧を測ると12Vちょい、
充電器に繋ぐとちゃんと充電できました。
(2年放置してたのに、国産は優秀ですなぁ。)

100929_gt4b5

で、並列に繋いで充電開始。
 
オートバイモードではダメでしたが、
軽自動車モードでは充電できました。
ラッキー!
 

 これで一晩放置した結果、とりあえず電圧は復旧しました。

100929_1326v

端子電圧13.26V。
 
これなら多分使える…といいなw
 
 
 

 とりあえず、次の休日にこれを繋いでテストする予定です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)