フロントフォーク注意書きラベルの複製

 予備に回ったフロントフォークを綺麗にしようと思って
いるのだけれど、そうすると、これを一度剥がす必要が
出てくる。

101118_ffork_caution

カヤバの注意書き。
もちろん部品登録されていない。
 
仮にあったとしても既に廃盤だろうなぁ。
 
 
 アルミフィルム?っぽいので、剥がした後の再使用は
不可と思われる。なので、これも複製する事にした。
使うのはこれ。

101118_28892silver

エーワン
手作りラベルメタリックシルバータイプ
 品番28892
 
 
 
 殆ど文字なので、とりあえず適当なフォントでそれらしく
でっち上げて、早速印刷してみる。

101118_copy_1

そんなに作ってもしょうがないので、4枚分。
 
残り半分は、SR500ロゴシルバータイプと
70年代のサイドカバーに貼ってあるロゴ風の
物を作ってみたが、これはまぁ、その内。
 
 保護シートを貼るのに失敗して、サイドカバー用の物は
全滅。しかも、

101118_copy1_fail

小さい…。
 
 
 
 
 
 どうも余白いっぱいまで使ってしまったので、ソフト側で
自動調整してサイズが小さくなってしまった模様。
シートが一枚、丸まる無駄になった…orz

 気を取り直して、再印刷。半分はサイドカバーのロゴを
やめて、サイドカバー内側のバッテリー用ブリーザーパイプ
の注意書きにしてみた。

101118_copy_2

こんな感じ。
 
ブリーザーの注意書きは、イラスト部分はオリジナル
をスキャン、補正して使用。文字は一部書き換え。
 
 

101118_copyorgnl

フォークにセロテープで仮付け。
若干フォントが小さかったが、まぁそれなりに
雰囲気は出たと思う。
 
 
 
 このシルバータイプも、前回のゴールドタイプと同じで
見る角度によって色が変わってしまう。(青っぽくなる)
が、ゴールドよりは使える。

101118_copy_2_scover

サイドカバー内側もセロテープで仮付け。
オリジナルより厚みがあるので、貼った時
の皺は再現できないかも。
 
 
 
 まぁ、こちらも雰囲気は出てるかな。



 けど、サイドカバーの内側なんか作っても誰も気が
付かないよなーw

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3HT用レクチファイア・レギュレータ

 3HT用のレクチファイアレギュレータをオクで
入手してみました。

101117_3htsh640

上:2J2-81960-A0
下:3HT用(多分、3HT-81960-00)
 
型番はSH640-12と赤でプリント。
 
 
 2J2-と3GW-はレクチレギュ本体は変更
されていますが、配線の長さは同じでした。

 3HT-は、設置位置の変更に伴って、配線が
長くなっています。恐らく、その為に品番が変更
されたものと思われます。

 なので、多分これも使用可能でしょう。
(まだ試してはいません。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイドカバーロゴの複製 失敗?

 

穴を開けたサイドカバーを作った際、予想外に塗装が
うまくいったので、思わず手元にあった純正ステッカー
を貼ってしまった。

 まだあの穴が冷却に有効かどうか確認中で、うまく
行ったら、もう少しきれいに加工しなくちゃいけない。
効果がなければ元に戻さなきゃですしね。

 で、確か800円位だったよなーと、補充しようと確認し
たら、なんとSR500用は1800円もする。
(800円なのはSR400用だった)

 しまった、貼るんじゃなかったと思ったが後の祭り。
でもアレがないと寂しいよな~。

というわけで、コレを使って複製してみることにした。

101116_28893gold

エーワン
手作りステッカーメタリックゴールドタイプ
 品番28893
 
 
 

101116_logo_print

 手持ちの純正ステッカーをスキャンし、
黒線部分のみ取り出して、A4用紙サイズ
で沢山並べる。
 
印刷したものをデザインナイフで切り出して
 

101116_logo_a

貼る
 
この角度からだと、まぁそれなりなのだが。
 
 
 

 オリジナルと比べると、少しゴールドが薄い。
しかも、少しでも斜めから見るとゴールドに見え
なくなってしまう。

101116_logo_b

ご覧の通り。
 
 
 
 
 
 あと、このカタチに切り出すのがかなり面倒なの
もマイナス。コレはやはり失敗かなぁ。

 まぁ、無いよりはマシなので、今後テスト用に貼る
にはコレを使用するつもり。

101116_antiwater

おまけ。
顔料系インクのプリンタを使ったので、
耐水性はバッチリです。
 
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鉄リムホイール装着と、520チェーンへ交換

101106_rear

まずはリアホイール交換からします。
取り外して大きさの比較。
リムは淵の分だけ細く見える気がする。
タイヤはK70もK87も4.00-18で同サイズ。
減った分だけK87の方が小さい。
 

101106_chain

チェーン交換のため、マッドガード、
工具箱、チェーンケース、リアショック左下、
スイングアームピボットシャフトを外す。
切っちゃえば早いんだけど、一応530チェーン
も保管するため。
 

101106_33316t

サンスターの520用333-16T。以前使っていた
398-16Tは、基本的には年式違いで使えない為
処分。でも、今なら新型用のカラーも手元に
あるから問題なく使用できる。
取って置けば良かったな(^^;
 

101106_front

リアが終わったのでフロント交換。
そして大きさの比較。
F11は3.25-19で、K70は3.50-19なので、
その分K70の方が大きい。
 
 

101106_end

こんなんなりましたー。
 
 
 
 
 
ちょっと見ただけだと、何が変わったのか
さっぱり分からないですねw
まぁ、自分的には満足です。

鉄リム化記事一覧
 U2さんでハブをブラスト加工
 鉄リムホイールを組む
 鉄リムホイールにタイヤ装着
 鉄リムホイール装着と、520チェーンへ交換 ←イマココ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

鉄リムホイールにタイヤ装着

タイヤが届きましたので、早速取り付けます。
 

101104_beadcream

タイヤにビードクリームを塗って
 
 
 
 
 

101104_right_side

片側をはめます。
 
 
 
 
 

101104_tube_in

チューブを入れてます。
 
自分はこのとき、少しチューブに空気 
を入れてます。 
 
 

101104_front_end

タイヤの軽点(黄色い丸)をバルブ位置

に合わせて、もう片側もはめます。 
 
少しずれた
(ノ∀`)  
 
 

101104_brakedisk

ついでにフロントのブレーキディスクも取り付けます。
中の黒い部分が汚れていたので、洗った後にマスキング
してシャーシブラックを吹きました。
 
 
 

101104_rockwasher

ハブに取り付け、ロックワッシャでボルトを固定。
 
ちなみにこのディスク、いつもお世話になっている 
airplantsさんにお邪魔した際、不要との事だった 
譲ってもらいました。多謝!! 
 

101104_rearwheel

リアも同じようにやって完成。

 
 
 
 
 
 

101104_end

こんな感じになりました。 
 
 
 
 
 
 

 大体2時間ほど格闘してました。まだ慣れが必要
ですねぇ。ただ鉄リムのいいところは、アルミと違い
傷が付きにくいところでしょうか。

 といって調子に乗っていると、チューブに穴を開け
てしまうわけですが…。
(今回フロントで一箇所パンクさせましたw)

 その代わり、今回はちょっとしたコツを掴みました。
レバーで穴が開くなら、なるべくレバーを使わなければ
いいじゃない!

 って事で、比較的入れやすい3/4程を足で踏んで
入れました。その際、リムとの接触面にビードクリーム
をタップリと塗っておきました。

 これならレバーで穴が開く確立が格段に減ります。
次もこれでやってみよう。

鉄リム化記事一覧
 U2さんでハブをブラスト加工
 鉄リムホイールを組む
 鉄リムホイールにタイヤ装着 ←イマココ
 鉄リムホイール装着と、520チェーンへ交換


| | コメント (2) | トラックバック (0)

M8-P1.25 バンジョーボルト(ダブル)を作る

 M8-P1.25のダブルのバンジョーボルトが欲しかったのですが、探して
見てもM10しか無さそうです。それじゃあM10ダブルを買って加工
してみっか、と言うことでチャレンジ。

101103_m8p125_double

左:鉄製のM10-P1.25のダブルバンジョー
中:ネジ山を削り取って
右:M8-P1.25のダイスでネジ山作成
 
 
 
 一発でうまく出来ました(^-^)





 嘘です。これの前にアルミのバンジョーでやって失敗しました。

101103_m8p125_double_miss

左:でけた!けど…?
中:…。
右:マガッテルネ!!
 
 
 
 ただのゴミになってしまいましたw まぁ、そのお陰で二度目は慎重に
やったのでうまく行ったのですが、ちょっと悲しい(^^;

 で、これを何に使うのかと言うと

101103_twinoilline

こんな感じで使おうかなーと思ってます。
 
 
 
 
 
 さて、うまく行くのでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

廃タイヤの処分

 自分が住んでいる市は、年に一回、廃タイヤの処分を
有料だが、してくれる日がある。それが今日だったので、
今年も廃タイヤを持っていった。

101103_scrap_tyre

HPにはバイクのタイヤの料金は書いてない
のだが、引き取ってもらえる。
1本120円は高いのか安いのか。
 
これでバイクのバッテリーも引き取ってくれれば
最高なのだが、残念ながらダメらしい。
 
 

 
 

 タイヤの処分は方法がなかなか無くて結構困ると思う
のだけど、こうして自治体でやってもらえるのは非常に
ありがたい事だと思う。

 廃タイヤの処分に困っている方、もしかしたら近隣の
自治体でこういった催しがあるかもしれない。一度調べ
て見てはいかがだろうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ホイールベアリングの交換

 鉄リムを組んだハブのベアリングは古いままなので、
これを交換します。

101102_bearing_out

ベアリングプーラーで外して
 
 
 
 
 

101102_bearing_in

新しいベアリングを叩き入れます。
 
ソケットは、32mmと27mmを使いましたが、
もう少し大きいのがあるといいかも。
 
 

101102_meter_retainer

フロント用のメーターギア用リテーナー。
上が古いもので、下が新品。
分かりづらいですが、変形していました。
それほど高いものでもないので交換。
 
 

101102_fhub_seal

リテーナーをセットして、オイルシールを
セット。オイルシールを入れる際、メーター
ギアを付けてプラハンで叩き入れましたが、
もうちょっとスマートな方法は無いものか…。
 
 

101102_blacknut

リア。以前400で使っていた520のスプロケ
を付けました。
ナットは新品を使うつもりで注文したのですが、
品番を間違えたのか、黒いのが来てました…。
(品番は90170-08193)
仕方なく、古いものをタップでさらって再使用。

101102_dumperoring

ハブダンパと定番のOリングも新品使用。
2J2-25364-00 ダンパ 6個
93210-52312  Oリング 2個
93210-71311  Oリング 1個
 
 

101102_dumper

小さい方のOリングとダンパを取り付けて
 
 
 
 
 

101102_oring_b

ハブクラッチを装着し、ハブストッパ取り付け。
 
ハブダストシールにOリング大小を取り付けて
 
 
 

101102_circlip

取り付け。
サークリップをはめる。
 
ちなみに写真のサークリップは多分初期の物。
スナップリングプライヤが必要ですが、こっち
の方がやりやすい気がします。

101102_rhub_greaseup

最後にグリスを注入して終了。
 
 
 
 
 
タイヤは木曜日に到着するようなので、今週末には
取り付け出来そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄リムホイールを組む

 

ブラスト加工したハブに、鉄メッキリムを組みました。
リムはブロンコの物を使用。

 ただちょっと問題があり、フロントリムはそのままSRの
スポークで組めたんですが、リアリムのニップル穴が6.5mm
でSR用のニップルが入りません(7mm弱ある)。

 途方にくれて、茨城のFACEさんに電話で質問した所、

 「ドリルで穴を広げて切削面にクリアー塗装するのが早い」

との回答を頂きました。
(忙しいところ快く回答していただいた鈴木さんに感謝!)

 というわけで、リアは穴を7mmのドリルで拡げ、車補修用の
クリア塗装を塗って組みました。気休めにしかならない気も
するけど、まぁ錆びたら錆びたで考えましょう。

 で、ちゃかちゃかスポークを組んで、振れ取りします。

101031_balancer

ストレートのバランサーを購入したので、
これを使って振れ取りをしました。
(画像はイメージです)
 
 
 
 手元に分解前のホイールがあったので、それと比べて中心
を合わせました。振れも、まぁ大体こんなもんかな~って所で
妥協。

101031_plating_rim

こんなんなりました~。
部品番号・価格は
 Front 94418-19564 (1.85-19) \11,865
 Rear  94421-18588 (2.15-18) \12,915
でした。
 
 タイヤは、前後K70を組む予定です。現在到着待ち~。

鉄リム化記事一覧
 U2さんでハブをブラスト加工
 鉄リムホイールを組む ←イマココ
 鉄リムホイールにタイヤ装着
 鉄リムホイール装着と、520チェーンへ交換

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイドカバーに穴を開ける

 先日市街地を走行中に、レクチレギュの温度が60℃
付近まで上がりました。なので、サイドカバーに穴を開
けて、レクチレギュに走行風が当たるようにしました。

101017_saidecover_a

とりあえずこんな感じで穴あけ。
 
 
 
 
 
 これで幾らかでも温度が下がってくれると良いのですが。

 ところで、さすがにオリジナルに穴を開けるのは勿体無
いかったので、これは手持ちのサイドカバーを自分で塗装
した物です。

101017_sidecover_b

左が今回塗装したもの。
右がオリジナル。
なかなかそれっぽいでしょ?
 
 
 
使用した塗料は

101017_sidecover_color

SOFT99工房の缶スプレー。
左から
ホンダ用 R-81 ミラノレッド
ニッサイン用 926 ワインレッドマイカ
仕上げ用クリアー
 
の3種類です。

 ベースが白塗装だったので、その上から赤2色をオリジ
ナルと見比べながら交互に塗り重ねました。クリアーを
吹いて、ペーパーと液体コンパウンドで仕上げて完成。

 素人仕事にしてはなかなか良く出来たのではないかと
自画自賛w

| | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧