今後の予定について

 各種作業が絶賛停滞中の当ブログですが、作業効率の改善と、
中の人のモチベーション向上を図るため、今後しばらく、更に停滞
する予定です。

 多分今月中に記事になるような大きな作業をすることは無いので、
少なくとも年内は新規記事が無いと思います。

 その他、車関係の記事は「みんカラ」へ、模型やホビー関連は
Yahooブログのほうへ書くことにしました。そちらはある程度更新
するかもしれません。

 以上、よろしくお願いいたします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ヤマト便でのタイヤ発送料金

追記・いつの間にか、ヤマト運輸のHPに料金計算が出来る
ページが出来ていました → ココ ヤマト運輸GJ!

 今まで、ヤマト便でタイヤを送る時の料金の算出方法が
よく分からなかったのだが、やっと方法が理解出来たので
記事にしてみる。

 まず、タイヤを送った事がある人はご存知だと思われる
が、ヤマト運輸の営業所には、タイヤを送る際に参照する
一覧表がある。

 これがあるが為に、タイヤの発送には、特殊な料金体系
が存在すると思われがちだが、これが間違い。タイヤの
発送も、通常のヤマト便と同じ料金が適用される。

 まず、タイヤを送る際に必要なデータは、タイヤの公称
サイズと本数、トータルの重量。梱包後の寸法はあまり
重視されない。(多分計らない?)

 そして、タイヤの公称サイズを元に、ヤマト便での発送
の際に必要な、【容積換算重量】を計算する。これは、
普通の宅急便の荷物サイズに相当する物。

【容積換算式】縦、横、高さの単位はメートル
 縦 x 横 x 高さ x 280=【容積換算重量】(kg)

例 公称サイズ155/65R14 (幅155mm 扁平率65% 14インチ)

111201_tire

まずは、タイヤの直径を計算する。
ホイール部分
 1インチは25.4mmなので、14インチは355.6mm。
タイヤの高さは幅×扁平率なので、
 155mm × .65 = 100.75mm
で、上下+ホイール分で合計557.1mm。

これを元に、【容積換算重量】を求める。

 0.5571m x 0.5571m x 0.155m x 4本 x 280 = 53.88kg

 実際の重量は、6kg x 4本で24kgだが、【容積換算重量】の
方が大きい為、料金表の 「60kgまで」の金額が適用される。

群馬から長崎まで送るとすれば、長崎の欄の「60kgまで」で、
3360円、栃木までなら1570円。

 小さいタイヤは、ホイール付きでも【容積換算重量】の方が
大きくなると思うが、大きいタイヤは、実際の重量の方が大
きくなる可能性もあるので、事前に計って見た方が良い。

※もっとも、申告しなければ、公称タイヤサイズしか聞かれない
 可能性もあるので、知っていても黙っていればお徳かも。

 以上のように、自分で計算することが出来る(筈だ)が、正確
を期するのであれば、タイヤサイズを確認し、ヤマト運輸に
聞いてみるのが一番だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謹賀新年 2011

110101_sunrise

あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。
本年も、どうぞよろしくお願いいたします。
 
  2011年 元旦


続きを読む "謹賀新年 2011"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メーターの目盛りの書き方

メーター文字盤を書くときの、目盛りの書き方についてです。
文字だけでうまく回答できそうになかったので、画像付きに
してみました。(でも大分手抜きです^^;)

100128_meter1 1.元となる画像を読み込みます。

 
  
 

100128_meter2 2.レイヤーを追加します。
  後で見た時に分かりやすい名前をつけておくと良いでしょう。

 
 

100128_meter3 3.追加したレイヤーに目盛りを書き込みます。
  カタチはお好みで。

 
 

100128_meter4 4.目盛りを書き込んだレイヤーを複製します。

 目盛りのレイヤーをドラッグ&ドロップで複製。

 

100128_meter5 5.複製したレイヤーを選択し、メニューバーから
  「ツール(T) → 変換ツール(T) → 回転(R)」
  を実行します。

 

100128_meter6 6.書き込んだ目盛りをドラッグしながらマウスを動かすか、
  角度を数値指定して回転させ、目的の位置へ移動します。
  メーターの真ん中にある丸十字が回転の軸です。
  位置が微妙にずれる場合は、大体の位置に持っていって
  から移動ツールで微調整します。

 

100128_meter7 7.と、それを根気よく繰り返し、文字などを書き込めば完成。
  (今回ざっくり書いたので位置とか適当ですw)

 

 

最後はかなり端折りましたが、大体こんな感じです。
使用する機能は少ないです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

SANYO NV-SB360DT

ポータブルナビを購入しました。SR・ムーヴ共用です。

Sb360dtSANYO NV-SB360DT
 
いわゆるミニゴリラって奴です。 
お値段は65000円ほどでした。 
 
 

SRで使うには、配線の増設やら何やら時間がかかりますので、
とりあえず付属の車載キットを使ってムーブに取り付けました。

20080601_sb360dt_a色々考えた末、取り付けはこの位置に。
なかなか良いと思うんですがどうでしょう?
 
 
 
 

20080601_sb360dt_b横から見るとこんな感じ。
ここに付けちゃっても大丈夫なのかはチョット疑問ですが、
ダメなら付け直せばいいかなとw
 
 
 

ナビを使うのはこれが初めてなので、他との比較は出来ないの
ですが、動作速度等に不満は感じないです。キビキビと動いて
くれる印象です。

使用雑感

・ナビ機能

位置測定は衛星からの情報だけですが、精度はかなり良いと
思います。当然ながら、トンネル内では電波を受信できない
ので、長いトンネルの後に分岐がある場合は要注意です。

設定ルートからそれた場合、自動でルート検索してくれるの
ですが、県道・市道などで登録されていない細い道は選択
されず、遠回りすることもしばしば。

またそういった道に入った場合(画面上で黄色で表示される)
音声ガイドが機能しないのもちょっと困るかも。
(バイクの時は音声が頼りですので。。。)

・内蔵バッテリーでの駆動時間

画面にルートを表示させ、たまに地図操作・ルートの再検索、
音声ガイドなし、音楽再生なし、という感じで使用し、およそ
3時間30分程度で電源が落ちました。

音楽再生・音声ガイドを併用した場合は、もう少し短くなる
のではないかと思います。

・AV機能

mp3ファイルの入ったSDカードをセットすると、すぐに
再生が始まります。レスポンスが早くて驚きました。また、
再生途中でSDカードを抜いたあと、同じカードをセットする
と、直前の再生途中からすぐに再生が始まります。
以前使っていたmp3専用機よりも使いやすいですw

ワンセグは。。。今住んでいる所は電波が入らないようで、
どのチャンネルも見ることが出来ませんでしたw
(・・・まさか壊れてないよね?^^;)

・PC接続

PCと接続するUSBケーブルは付いておらず、別途購入が
必要ですが、繋げても入れてあるSDカードにアクセスが
出来るようになるだけなので(外付けHDDのイメージ?)
まったく不要だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)